「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えない出口



 何とも言い難い試合でした。マッチレポートについてはJ's GOALに掲載されている通り。人もボールも動かして挙げた同点ゴールは、ポゼッションサッカーのお手本ともいえる素晴らしいゴールでしたが、自分たちが目指すスタイルでボールを動かしたのは、このゴールの前後を合わせて10分間程度。再びリードを許してからは、いつもの連動を書いた組織に逆戻り。何回試合をしても、同じことを繰り返すチームにトンネルの出口を見つけられずにいます。

 一番気になるのは個人戦術の部分。チームの組織の完成度、戦術の浸透度以前の問題の部分です。以前よりは少なくなってきたとはいえ、この日も大事なところでミスを連発。奪われた1、2、4失点目は相手にパスを渡してしまったところから奪われたもの。3点目も相手のパスカットから始まりました。たとえ、この先いいサッカーができるようになったとしても、個人の部分でこれだけミスが出ては、主導権を奪って試合を進めるのは非常に難しいと思います。

 ルーズな守備も一向に改善する気配を見せません。1失点目は右サイドの高い位置で、2失点目は左サイドへ追い込んだところで2人でボールホルダーを囲んでいました。本来なら危険度は非常に低かったはずですが、間合いを詰めて相手にプレッシャーを与えることをせず、ボールを奪いきる動作も見せず、簡単に抜け出されたところで決定的な仕事をさせてしまいました。4失点目は自陣内での相手のスローインながら、全員がボールウォッチャーになって無抵抗のままに奪われたゴール。一瞬、何事が起ったのかと目を疑うほどでした。

 そして、中盤の連動性のなさ。ポジションチェンジも、動き出しもない中盤は、ボールを運んでもすぐに詰まってしまうだけ。この日は、比較的いいリズムでボールが回っているように感じていましたが、1-2になってからは、サイドに追いやられているにもかかわらず、強引に狭いエリアに縦に仕掛けてボールをひっかけ、縦に急いでむやみにボールを前にいれるなど、自分たちでリズムを捨ててしまうような攻撃を繰り返しました。これでは、最終ラインと前線に負担がかかるばかりです。

 同点ゴールを挙げた形が福岡が目指すサッカーと言えますが、個人の意識に起因しているとも言うべき部分が改善されない限り、思い描いたサッカーはできるはずもありません。いずれも個人の取り組み姿勢によつて改善できる部分ですが、それが、いつまでも繰り返されるところにチームとしての最大の問題があるように思います。結果さえ出せば、何か違ったものが見えてくるとは思いますが、いまは非常に厳しい状況にあるとしか言いようがありません。

コメント

もう見てて恥ずかしい試合ばかりです・・・。
ありえないミスや軽率なプレー。結果を出せずにサポーターから罵声を浴びて怒り出す選手。
もう目もあてれません。
あんな軽率なプレーしかしないチームをサポーターは一生懸命応援しています。やっている選手がもっと危機感を持ってやらなければただの弱いチームです。明日は首位のC大阪戦ですが明日も大敗するでしょう。悲しいですがこれが現実。やる気が無い選手はやめるべきです。

明日で第一クール終了です。
明日の結果次第では1位との勝ち点差は
24までひらいてしまいます。
2,3位を狙うと言っても正直、上位のチームとアビスパの差(チームとして)はありすぎます。
今のアビスパはJ1を狙えるチームではないということです。
試合を観るとJFLでも勝つのが難しいのではと思ってしまいます。
クラブとしてどう考えてるのは明日の試合後に
伝えるべきだと思います。
スポンサー、サポーター、そして支えてくれる方々のために。

前々エントリーのコメントで自分が予想したとおりの結果でした。
もう分かりきっていることですが、何度でも言わなければならないでしょう。

"練習の成果が出ていないのではなく、練習が試合のためになっていない"
加えて、"いつまでも信じられないミスを犯し続ける選手を絶えず起用する摩訶不思議"
シンプルにこういうことでしょう。

即ち「指導者の力量に問題がある」のは間違いありません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。