「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

互いの距離とサポートのタイミング



 とにかく、まずは勝利を挙げなければ何も始まらない。情けないことですが、今日もいつもと同じ気持ちで試合当日を迎えました。J1昇格という目標にしても、チームが抱える課題の修正にしても、まずはひとつ勝って気持ちを落ち着かせることが先決です。
「結果が出れば自信もついてくると思うが、不安な面を残して試合に臨めば消極的な面が出てしまう。今は内容よりも結果。何が何でも勝点3。それが出来れば前向きな気持ちで次の試合を迎えられる。大事に戦いながら結果を出したい」と田中誠も話します。

 その大切な試合に臨むポイントを田中誠は次のように話しています。
「相手の3トップを4枚を見るので、守備でははっきりする。けれど、攻撃に上がったときに誰が上がった後のポジションをカバーできるかということ。相手は前に3枚残っているので、そこに入ったときに勢い持って出てこられないように、パスの出所にプレッシャーをかけられるようなポジションを取らないといけない。上がったときに中途半端に取られるのが危険。そこを90分間ケアできるかが鍵」

 また、大久保哲哉は「東京V戦の終盤は、DFラインも押し上げていたし、全体的に高かった。反面、そのほかの試合で押し込まれているときはDFラインが低く、ボールを取っても遅攻になってしまい、ボールを回してビルドアップしているときに相手に引っかかって高い位置から攻められるという悪循環になっている。特に甲府はプレッシャーが速いし、そこで引っかかると簡単にカウンターを喰らう。そこを気をつけたい」と話し、やはり中盤での攻防がゲームを左右すると感じているようです。

 そして、2人がチームの課題として口にするのはサポートの距離とタイミングです。
「攻撃に関してサポートの人数が少ない。1対1になったらボールを持っている選手に任せてしまう感じがある。味方を囮に使ったり、味方を助けたり、そうすれば崩れやすいはず。まだ人数をかけるシーンが少ないと感じる」(田中誠)
「中盤との距離、それとポジションチェンジ。そのままのポジションで上下するだけなので相手は守りやすいし、アタッキングサードに入ったときにスムーズな攻撃ができない。チームの約束事を守りながら、状況に応じて臨機応変に対応していく。それがうちに一番足りないところ」(大久保)

 まずは局面でのボールの奪い合いで始まる今日の試合。そこで奪ったボールを効果的にスペースへ展開するには、適切な距離を保ったサポートと、スペースへ飛び出していく走りや、ボールを追い越していく動きが不可欠です。それができずに局地戦に持ち込まると、狭いエリアでのプレーを得意とする甲府の術中にはまりかねません。勝たなければ何も始まらないのが現状。であれば、やられることを恐れて相手の出方に対応するのではなく、自分たちのほうから積極的に仕掛ける姿勢を持って戦ってほしいと思っています。

コメント

相互リンクのご依頼

サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
FfXH8zxv

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。