「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兆しは見えたが・・・

羽田空港のラウンジで昨日の試合を振り返る

 ここまで6戦勝ち無しの福岡。2連勝中とはいえ内容にはまだまだ課題が多い東京V。そんな両チームの状況を、そのまま映し出すような試合でした。奪ったボールを大黒に目がけて蹴るしか攻め手がない東京Vと、ボールを大切にポゼッションしようとするものの、縦に仕掛けられずにチャンスを広げられない福岡。後半終了間際には、福岡が東京Vを押し込む時間を作りましたが、特に大きな見せ場もないままに90分を経過。試合はスコアレスドローに終わりました。

 既に上位チームから大きく勝点を開かれている両チームにとっては、この結果は勝点2を落としたと言えるものだったと思います。昨シーズンと違って上位チームが着実に勝点を伸ばす中では、チーム状況が悪いとは言え、それでも勝利を手にしなければ昇格の可能性は遠のくだけです。それでも、両監督から手がかりを得た部分もあったようなコメントがでたのは、両チームが置かれている状況が、それだけ厳しいものであることの裏返しだったように思います。

 それでも、厳しい現状を脱するためには、小さなところからひとつ、ひとつ積み上げていくしかありません。そういう意味では、課題を依然として抱えながらも兆しは見えた試合だったと思います。
 ボールを持ってない選手のフリーランニングや、ボールを追い越す動きなどは、まだまだ不十分ですが、ここ数試合と比較すれば、攻守に渡ってチームにバタバタ感がなくなってきましたし、後半開始直後に一度は奪われた主導権を流れの中で取り戻すなど、いくつかの変化も見られました。

 けれど、試合は相手があってのこと。この日の東京Vはプレッシャーが甘く、攻め手も少なく、チーム状況が悪かったことも差し引かなければいけません。変わろうとする兆しは見えましたが、それを上位陣との対戦でも実践できるのか。それが、これから続く試合で問われることになります。

 兆しを変化に変え、変化を結果に結びつけ、そして、着実に上位チームとの差を詰めていくことが求められていること。しかし、時間をかけて立て直す余裕は今のチームにはありません。とにかく勝点3を積み上げ続けなければいけない状況は全く変わっておらず、福岡に残されている道は変化しながら勝つことだけです。中2日で迎える次節の甲府戦では、東京V戦よりもいい内容、かつ勝利を収めることが譲れない目標です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。