「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳しい現実



 さて、更新が遅くなってしまいましたが、まず岡山戦について。
 情けない。ただ、ただ、そう感じた試合でした。中2日の試合で大きく変わるのは難しいとは思っていましたが、まさか、前節と同じことを繰り返すとは思ってもいませんでした。新たにボランチを組んだ2人も、2トップを動かすこと、両SHをコントロールするという役目を果たすことができず、攻守にわたって全く機能していませんでした。やりたいサッカーが見えないというよりも、もはや戦術以前の問題で、ただ、ただ、失望感だけが募る試合でした。

 福岡が抱えている問題点と、それによって生じる現象面については「J's GOAL」の札幌戦のプレビューで触れましたが、この状態は一過性のものではなく、福岡がベースの部分に問題を抱えていることを示すものだと思います。ここまで11試合を消化し、トレーニングも緊張感のある中で積んできたにもかかわらず、質が上がる気配が見られないということは、外部の者には見えない根本的な部分に問題があると言わざるを得ず、練習内容、選手起用、選手としての心構え、J1昇格に対する思い等々について、再確認する必要があると思います。

 私は岡山との1戦を今後を占う1戦と捉えていましたが、その内容、結果を見る限り、福岡は非常に厳しい状況にあると言わざるを得ません。現在の力は上位陣と伍して戦えるものではなく、完全に中位グループのそれだと思います。技術面で劣っているとは思いませんし、目指すサッカーの方向性が間違っているとも思いません。ただ、持っているものをプレーで表現できないのであれば、それは持っていないのと同じこと。まずは、自分たちの現状を正確に理解するところから始めなければいけません。

 サッカーは正解がないスポーツで、1人、1人には様々な考えがありますが、それをぶつけ合った上で、ではチームとしてどういうコンセプトで戦うのかを整理し、全員が同じレベルで共有しなければ先へは進めません。何ができて、何ができないのか。その理由がどこにあるのか。とことん突き詰めなければいけません。ただし、それが責任追及に終わるのであれば、チームは浮上することはないと思っています。戦犯探しをするのではなく、何故そうなったのかを明確にした上で、ではどうするのかという方法論を探すことが今は必要なのだと思います。

 目標を達成する作業は、目標と現実のギャップを明確にし、そのギャップをひとつ、ひとつ埋めていく作業です。11節を終えて見えてきたのは、福岡の抱えているギャップが我々の想像以上だったということ、そのギャップを埋める作業ができていなかったということ。その現実を目の当たりにして、福岡にかかわっている人の多くがショックを受けていると思います。それがネガティブな力に変わるのか、前向きに解決しようという力に変化するのか、それで今シーズンが決まると思っています。そして、ポジティブな方向へ導くことができる方法は、チームがピッチで気持ちを見せること、そして結果を手に入れることしかないと思っています。

 さて、中2日で迎える札幌戦については、また後ほど。

コメント

むしろこのチームに足りないのは責任の所在であるように思われるのです。
選手の責任、監督の責任、フロントの責任‥誰もそれを自覚してないとしたらプロとは言えないと思うんですよ。札幌戦は中盤の数的不利に対応できるだろうか? またぞろ守備的な試合を見せられるのだろうか‥

分かり易い解説

本当におっしゃる通りですね、監督が替わって選手も少し替わって何で進歩がないのでしょうか?今日応援に行くの止める予定でしたが、中倉さんのコメント読んでやはり行く事にします。すでに心折れておりますが必ず心元に戻してくれるものと信じて行きます。

やはり、チームにとってボランチが命であることが、再確認された。以前のアビスパもホベルトが来るまではボランチ悩んでいて、戦績が悪かったが、ブラジルでベストボランチ賞を取ったホベルトが来てからチームが安定し躍進した。なのに、またボランチで悩んでいる。ホベルトの実力はトリニータでの活躍で言うまでも無いのに、放出した。やはり、このチームには長期スパンでチームを作り直す人間が必要であろう。
さて、コンサ戦、何があるか分からないのがサッカー、内容無くても、泥臭くても、気持ちで勝ち点3を取って欲しい。もちろん行きますレベスタへ。

福岡のサポーターは負ければ批判をして「責任」を取られたがる。
しかしそのサポーターは何の責任も無い気楽な立場。
チームもそうですがもっとサポーターの質を上げる事も大事かといつも感じます。

中倉です。

akiさん、としさん、sueパパさん、no name さん、コメントありがとうございました。
連戦で、どんどん状況が進んでいってしまって(汗)、的確なコメントをお返しすることが出来ず申し訳ありません。

さて、チームとクラブは並列の関係にあるのではなく、チームはあくまでも(株)アビスパ福岡という会社の組織のひとつです。したがって、チームの成績というのはクラブの力の順位だと私は思っています。また、社風、校風、家風など、それぞれの単位には風土と呼ばれる個性が存在します。それは組織の特徴と言ってもいいものですが、プロスポーツと言えども、組織の中にある以上、その戦いや行動は、その風土に強く影響を受けます。

いい意味でも、悪い意味でも、チームがこの風土を飛び越えることはなく、同じことを繰り返さないためには、風土そのものを変えなければいけないと私は考えています。最も分かりやすい例がサガン鳥栖だと思います。いまの位置が経営譲渡により運営組織を変更したことによるものであることは周知の事実です。そしてまた、今のサガン鳥栖は、現運営会社の風土に影響されていくわけです。

そして、昨年末に行われたシンポジウムで福岡の危機感は頂点に達したと思っていますが、それは解決したわけではなく、依然として続いています。とはいえ、ガラガラポンと右から左へ一気に変わることは現実的には難しく、もがきながら、継続的に努力を続けていく必要があります。

そういった状況の中で、チームは思うような結果を出せずにもがいています。決してサボっているわけでも、手を抜いているわけでもないと私は感じています。その一方で、プロとして活動している以上、そして、J1昇格だけを狙っている以上、現在の状況であれば、何を言われても仕方がないとも思っています。それがプロというものです。

しかし、前述のように、チームがクラブの風土に縛られている以上、チームだけの力では現状を抜け出すことは難しいものです。最終的には、クラブにかかわるあらゆる人たちの力が必要になります。そういう意味で、私は「全てのクラブにかかわる人たちが試されている」という言葉を使います。それぞれの人たちが、それぞれの立場で、それぞれが出来る範囲でクラブを支える。それが最終的にクラブの風土が変わることにつながると私は思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。