「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湘南との戦いを終えて



 完敗でした。J's GOALのマッチレポートにも書いた通り、サッカーの質の差を痛感させられた試合でした。福岡にいくつもの課題が存在することや、湘南が戦いを続ける中で完成度を上げてきていることは分かっていましたが、お互いの質の差がこれほどまでに大きいとは思っていませんでした。記者会見に臨んだ篠田善之監督は「全員で立て直したい」と口にしましたが、ベースの部分に抱えている課題を早急にクリアする必要を感じた試合でもありました。

 最も大きな問題は、やはりミスが多いということ。急ぐ必要がない場面や、無理な体勢からダイレクトパスを試みてミスをする。攻める準備ができていないのに前へ仕掛けてボールを失う。同サイドで強引に仕掛けて相手に引っかかる。技術的な問題というよりも、判断ミスによってボールを奪われることが多すぎるように感じています。試合の流れをコントロールできずに、流れのままにプレーしていることもミスが多い原因のひとつかもしれません。

 走る質とスピードの変化にも大きな違いがありました。ボールを追い越す動き、3人目の動き、長い距離を駆け上がるフリーランニングという点における質の差は顕著でしたし、攻守の切り替えの速さ、ゆったりとしたリズムから一気にスピードを上げる緩急のつけ方という部分でも、福岡と湘南の間に大きな差があったことは否めません。最初の2失点は福岡のミスが主たる原因ですが、3人目が長い距離を走ってくるプレーや、瞬時にスピードを上げるプレーが湘南にあったからのゴールであることも間違いありません。

 しかし、それでも長い戦いは続きます。そして、チームの目標がJ1昇格にあることも変わりません。やらなければいけないことは、現実と目標の間にあるギャップを埋める作業を積み重ねていくこと。敗戦を悔やんだり、力の差を嘆いたところで何の解決にもなりません。結局のところ、サッカーにマジックなど存在せず、日々のトレーニングを積み重ねることでしか解決の道はありません。現実から目をそらさない勇気と、目標達成に向けてすべての力を注ぐ強い気持ちを持って前へ進んでほしいと思っています。

「当り前のことを、当たり前に、そして高いレベルでやれる選手が代表選手だということを感じた」。これはU-20代表候補トレーニングキャンプから帰ってきた鈴木惇が口にした言葉です。そして、それはリーグ戦を戦う上でも、日々のトレーニングを積む上でも同じことです。言い尽くされた言葉ですが、敗因を胸に刻みながらも気持ちを切り替えて、目の前の岡山戦にだけ集中して全ての力を注ぐこと。立て直しの第一歩はそこからだと思います。

コメント

チームとしての全てにおいて差がありましたね。

アビスパの選手と相手の選手を個々で比べるとそれほど違いは感じませんが、
チームとして戦うと話にならないと感じました。
開幕から今まで勝ってきた相手は"個"の勝負に無理やり持ち込めば勝てた相手なのでしょう。

それにしてもチームとしての進歩が感じられません。
指摘にもあるようなミスは北九州市長杯で岡山と対戦した時も同じように見られました。
要するに多くの課題が今年はじめから今まで解決していないのです。
改善している点といえば選手のコンディションくらいでしょう。

正直に言って今のチームもメディアも甘いと思います。
我慢をすることは大切ですがここまでトレーニングの結果が出ないのならば、
何かしらの変化をつけることはもう必要な時期にきていると思います。
本気で昇格を狙っているチームならなおさらでしょう。
我慢、我慢と言い続けて降格し、昇格を逃し続けているのはもう懲り懲りです。

「まだシーズンは長い」という台詞に違和感を覚えます。人生は本番の連続であるということを感じていないとしたら、プロとして三流だよね。そしてそれこそがアビスパという組織なんだと思う。

悔しさすら感じられないほどの完敗でしたね。
数年前、大宮のフラットスリーに手も足も出ず、たしか枠内シュート0だった試合を思い出してしまいました……。

中倉さんも心を鬼にして、もっと厳しい意見を、現実を書くべき時なんじゃないでしょうか?

昨年あれほど嫌われていた社長はきちんとスポンサーを獲得、結果を出して残留?されましたよね。
選手も結果を出さないと居場所はない。本当にそうなんだから。
死ぬ気でやってもらわないと。笑顔で練習してる場合じゃないっしょ。

中倉です。

hazaki さん、haru さん、豹牙 さん、コメントありがとうございました。
かぶる部分も多いので、お一人ずつにではなく、まとめてレスを書きたいと思います。

誰もが感じているように、現段階でJ1昇格争いのトップグループの湘南との力の差は否定できなかった試合だったと思います。二つの大きなミスがなかったとしても、結果は変わらなかったんじゃないかと私は感じています。それほどの差があった試合でした。

もっと厳しくとのご指摘をいただきましたが、ブログやJ's GOALのマッチレポートが楽観的に感じられたのであれば、それは私の力不足としか言いようがありません。危機感という意味では大きなものを感じていますし、今の状態ではいけないということは、あの試合を見た方も、選手も、チームも、クラブも、そして私も同じ感覚を持っていると思います。

また、私が常々言っている「我慢」という言葉は、今の状態をじっと耐えていれば、いつか良くなるということではなく、上手くいかない現状に切れずに、目標達成のために何をすべきかを見失わないという意味合いが強く、いまの現状のまま推移すればいいとは私も思っていません。

それと、多くの方から「何がしたいのかが分からない」との声をお聞きしますが、私がトレーニングを見ている限り、福岡が目指しているのはポゼッションサッカーだと思います。ボールを保持する時間を増やすことで相手から攻められる時間帯を減らし、ボールと人を動かしながらゴールを奪う形を目指しています。ただ、ミスがあまりにも多すぎることや、走る質が上がらないことで、目指す形を表現できないと言ったほうが正しいと思います。そして、その主たる要因は、シーズン前からの課題であったボランチが安定しないということにあると私は考えています。

その現状を踏まえた上で、これから何をするのかということだと思います。
サッカーには正解はありません。J2の多くのチームが志向しているように、手間をかけずに前へボールを送り込んでおいて、そこからゲームを作るというのもひとつのスタイルですし、福岡のやり方もひとつの方法だと思っています。
福岡が目指すスタイルを変えないのであれば、現在の課題を解決すべく、トレーニングの内容を見直すことが必要でしょうし、人の入れ替えも必要だと思います。また、スタイルを変えるというのであれば、戦いながら0から作り直すという難しい問題をクリアしなければなりません。

私は、チームがあるスタイルを目指してスタートし、それに向かってトレーニングを積んできたのであれば、それを徹底して追求したほうがいいという考えを持っています。けれど、それが唯一の正解だとは思っていませんし、どれが正解なのかということは誰にも分からないと思います。ただひとつ言えることは、どちらを選択するにしても、最終的には自分たちのやり方をどこまで徹底できるかによって勝負が決まるということです。それが出来なければ、どんなやり方をしたところで結果は変わらないと思います。そして、徹底させるためには、やはりトレーニングを繰り返すことしかないということだと思います。

チーム編成を変えるのも、場合によっては最も効果的な方法だと言えますが、福岡が置かれている経営環境等々を考えたとき、現状では具体的な選択肢としては考えにくいように思います。

なんだかはっきりしないレスで申し訳ありませんが、サッカーとはそういうものだと思っています。それでも、勝負の世界のことですし、チームはプロとして活動しているわけですから、形として見せることが出来なければ、クラブに対してどんな批判が飛んでこようともやむを得ないと私は思います。
それと、クラブとチームは並列の関係にあるのではなく、チームはクラブに属する組織ですから、チームはクラブが持っている力以上のものを発揮することは決してありません。

私が感じる限りでは、若い選手も、ベテラン選手も、それぞれに強い危機感を持っています。年齢に関係なく、今シーズンの出来が自分のサッカー人生を大きく左右することになることを誰もが実感しているからです。若い選手は、自分がこれまでの選手に終わるか、大きく羽ばたけるかが決まる年ですし、ベテランはいつまでサッカーができるかという問題に直面しているからです。

ただこれも、周りがそれを感じられないのであれば、プロである以上、何を言われても仕方がないと思います。自分の思いを見てる人たちに伝えるプレーをすることがプロ選手としての最低条件だと私は思っていますので、甘いと見られる部分があるのなら、その言葉を受け止めて、自分を見つめなおさないといけないのではないでしょうか。

長々と書いた割にははっきりしないレスで申し訳ありません。
ただ、先ほども書きましたが、それがサッカーなのだと思います。それでも、その中で、どうやって結果を出すのか。それがチームに求められているのだと思います。

レスポンス有難う御座います。

危機感の話が出てますが一部の選手には危機感が感じられないとまでは言わないまでも、
それでいいのか、とこちらに思わせるようなコメントも実際にあります。

また選手によっては負けた試合で同じ反省点ばかりを毎節同じようにコメントしている事は何回もありました。
それだけ認知していながらなぜ長い間解決しないのか、首を捻ってしまいます。

もしかすると今のチーム間に横たわる問題は根深いのではないかと考えるに至った次第です。
事実、チームとしての完成度の低さが一向に改善されないところをみても。

アビスパの経営環境を考えると仰るとおり人的変化は難しい状態にあることは分かります。
それならばこれまでのやりかたで駄目なのだからトレーニングで今までと違う何かをする必要はやはりあるでしょう。

クラブは危機、瀬戸際にあるとサポーターシンポで改めて会場の皆が共有したことと思います。
そんな苦しい時だからこそ、何が何でも昇格を果たし選手、サポーター共々モヤモヤしたものを吹き飛ばして欲しいと…。

苦しい時期でしょうがチームの調子が上がることを願ってまたレベスタに通い続けます。
一サポーターにはそれくらいしか出来ないですから。

記事(グルメレポ含め)毎回楽しみにしています。
頑張ってください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。