「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やることは変わらない

健在ぶりをアピールする大久保。先発復帰へ強い意欲を見せる。

 徳島戦での敗戦で、上位チームの追撃態勢を整えることができませんでしたが、それも済んでしまったことです。原因から目をそらすわけにはいきませんが、まずやらなければいけないことは、再び追撃態勢を整えるために、目の前の試合で勝点を積み重ねること。そのために必要なことは何かを考え、そのために準備しなければいけないことを整理し、そこへ全精力をつぎ込んでトレーニングを重ねることです。そして22日。福岡は湘南戦への準備を始めました。

 この日のメニューは、まずはフィジカルトレーニングから。コンディションを整えるためにみっちりと1時間かけて行ったあとは、ボールを使ったトレーニング。ここでは、受け手が角度を作ってパスコースを作ること、切り替えのスピードを早くすること、ファーストディフェンダーに連動して周りが動くことが強調されていました。そして最後は室内に入って再びフィジカル系のトレーニング。連戦の疲れが抜けきれない中でのトレーニングでしたが、選手たちは精力的に取り組んでいました。

高橋泰は、2試合連続、通産5得点と絶好調。湘南戦でもゴールの期待がかかる。
元気なすがたを 見せる田中佑昌。チームに頼れる力が戻ってきた。
「連敗しないことが大事。ホームだし、上位に喰らいついていくためにも負けられない1戦」。湘南との戦いを控えて田中誠は話します。

「課題はポゼッションと組み立ての部分。それを修正して相手を崩し、ボールを持たれても自分たちの前で回させて、取りどころを決めてボールを取りに行く。それを安定させないと勝ったり、負けたりのチームになってしまう。このチームなら、それはできる自信はある。次のゲームで負けを止めてリズムに乗れるようにしたい」

「自分にとって一番重要な試合」と話すのは岡本英也。
「守備に意識が行ってしまって自分の持ち味が出せない試合が続いている。でも、現状を乗り越えれば、もっと自分の良さが出せる。それがチームの勝利につながるのが一番。試合に出られることが決まっているわけではないので、まずは練習からアピールして出場機会を掴むこと。久藤さんもコンディションを上げてきたけれど、負けたくない気持ちがある。しっかりとトレーニングを積んで、結果を出せるように頑張ります」

 そして福岡にとっての好材料は田中佑昌が戻ってきたこと。この日はトレーニングにフル参加。元気な姿を見せてくれました。
「今年は怪我が続いているので、遅れた分を早々に取り戻せるようにしたい。今日は久しぶりにボールが蹴ることができたし、サッカーは楽しいと改めて感じた。コンディションは7~8割程度だけれど、まだ日数があるのでコンディションをきちんと上げていきたい。連敗は避けないといけないので、そのために自分ができることを考えて、しっかりとやっていきたい」

 いつものように、目の前の試合が一番大事な試合という思いに変わりはありません。全力をあげて準備するだけです。

落ち着きと逞しさを備えつつある柳楽智和。大きな声でチームに支持を送る。 勝つこと、そして内容もいい試合にしたいと話す田中誠 全員で戦うことを再確認。目の前の試合を全力で取りに行く姿勢は変わらない。

コメント

あれだけ、走っていたセレッソが1敗しただけで、射程圏に入ったように感じているのは私だけでしょうか。
サッカーは、チョットしたプレイや運で、結果に大きな違いがでるものだと思います。
なので、選手が1歩でも多く走れるよう、1cmでも早くボールに触れるよう(表現が変?)応援するだけです。
幸い(?)日曜日は気温が低そうなので、選手にはいっぱい走ってもらいたいと思います。

>ayakarisa さんへ

中倉です。コメントありがとうございます。
おっしゃるとおりですね。サッカーの結果を左右するのは、ほんのちょっとしたこと。サッカーにおける、あと一歩、あと1センチは、勝負の行方を大きく左右します。そのちょっとしたことにこだわり続け、それをやり続けるチームが最後に笑うのだと思います。

以前、ある監督に「勝敗を分けるものは何か」と尋ねたところ、「ボールが右に転がるか、左に転がるか。サッカーとはそういうスポーツ」と答えてくれたことがあります。そして不思議なことに、その転がる先は、ほとんどが相手よりも、ちょっとしたところにこだわっているチーム。アメリカW杯最終予選のときに、柱谷哲二が「気持の入っている方にボールがこぼれてくる」と話していたことを思いますが、それもまた真実だと思います。

技術・戦術はもちろん必要ですが、その前提となる気持ちや運動量で相手を上回るサッカーをしてほしいものですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。