「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴重な勝点3



 貴重な勝利だったと思います。内容は熊本戦のリプレイを見ているような試合。課題も、そのまま引きずる内容でした。しかし、中2日で迎える試合では、フィジカルコンディションを整えるのが最優先で、課題を修正する時間も、特別なことを準備する時間もありませんでした。それでも勝点3が絶対に必要だった試合。まだまだリーグ戦は長いとは言っても、福岡にとっては正念場と言える試合でした。その試合で、どんな形であれ結果を手に入れたということは最大の評価。試合後の篠田監督の言葉も納得がいくものでした。

 愛媛の迫力不足に助けられた感もありますが、以前のブログにも書いたように、福岡の守備は確実に変わりつつあります。もちろん、組織的な守備は、まだまだ機能しているとは言い難い部分も多くありますが、ここ数年続いていた、誰かがミスすると、それがゴールに直結するという傾向が少なくなってきました。形に捕らわれるのではなく、危ない場面では、とにかく一番近い人間がボールに寄せるということが徹底されてきたと思います。

 先日、雁の巣球技場に練習見学に来ていた布部陽功に感想を聞いたところ、「うまく言葉で表現するのは難しいし、適切な表現かどうかは分からないけれど、『まあ、いいか』というプレーがなくなってきていますよ」と話していました。まずはしつこく喰らいつく、抜かれても追いかけていく、スペースを割られても、一歩でも、二歩でもいいから寄せる。そういうプレーの繰り返しが、シュートコースを限定したり、相手のシュートを体で跳ね返したりすることにつながっているように思います。

 課題は、やはりファーストディフェンダーのアプローチにあります。ここが曖昧なために、ブロックを作っていても簡単に縦へボールを入れられ、そこから後手を踏んでしまうことが多く見受けられます。また、悪い時間帯にボールを落ち着かせられないのも要因のひとつ。ボールを持ったら攻撃という意識が強すぎて、無理に仕掛けて相手に引っかかり、そこでボールを奪われることが多くなっています。前から仕掛けることも立派な守備の方法ですが、相手をはぐらかすような時間の使い方が必要に思います。

 とはいえ、次の徳島戦は中3日。こちらも同じように課題を修正する時間はありません。その中で、どうやって勝点を取って帰ってくるか。やはり我慢の試合になると思います。そうやって勝点を重ねながら、実戦を通して課題を少しずつ修正していく。第1クールはそいう戦いを続けていくことになりそうです。すっきりした試合をしたいのは監督、スタッフ、選手、そしてサポーターの共通する思いですが、まずはそこから。今はそれを続けることが大切だと思います。

コメント

前半はいいのですが後半はダメな
アビスパになりますね。
しかし丹羽が入ると落ち着く。
丹羽とウェリのボランチだったら機能するんではないかと思います。
ナギラも頑張っていますがファールが多い。
手癖が悪いですね。
あと開始直後にやった軽率なプレー。
失点につながらなくてよかったです。

失点しないアビスパに変身

吉田さんのインタビューとてもよかった。応援している方は、イライラ/ハラハラしどうしだったが、吉田さんの言葉と表情をみて、よく勝ってくれたと感じました。。選手みんなで勝ちとった「勝ち点3」。吉田さんの表情には、選手たちチームメイトの「結心」が今こそ生まれていることを、教えてくれました。

>課題は、やはりファーストディフェンダーのアプローチにあります。
>ここが曖昧なために、ブロックを作っていても簡単に縦へボールを入れられ、
>そこから後手を踏んでしまうことが多く見受けられます

全くその通りだと思いました。
中盤でのチャレンジすべきエリアでの第一アプローチの遅さ、曖昧さが押し込まれる原因を作り、後半のボール支配率の悪さに繋がっています。
また絶対に止めるべき位置でのプロフェッショナルファールがかなり少ないため、結果深くまで入り込まれて危険な位置でのファール、
もしくは失点を犯す原因になっています。

特に昇格のライバルになる相手にはこういう対応では致命的になってしまうかと…。
早急なる改善を願いたいですね。

中倉です。

皆さん、コメントありがとうございました。
今、鳴門駅前の喫茶店でレスを書いています。
今日は第9節、徳島戦。連戦の疲れの中、移動、なれない時間帯での試合ということもあって、難しい試合になりそうですが、勝点を取って福岡へ帰りたいと思っています。
--------------------------------------------------------------------------------
>SOCIO さんへ

中々、1試合を通じて安定しない試合が続いています。
だいぶ、トレーニングでのプレーの質は上がっているのですが、試合の中で実践するには、後一歩と言ったところでしょうか。
簡単にボールを奪われてしまうという課題も含めて、やはり、課題は中盤の守備だと思います。ここが落ち着けば、無理なプレーも減ってくるのではないかと思っています。
いろいろと課題が残る中、結果を出すことでチームの質は上がっていくものなので、今日も無失点で凌いでくれればと表います。
--------------------------------------------------------------------------------
>ガンレクマン さんへ

組織的な守備とは言えませんが、ギリギリの所で粘れるチームになりました。大きな違っているのは、2年目を迎えた吉田のコーチングが非常に有効であることと、崩された後でも、コースを限定する動きをとっていることや、後一歩でも、二歩でも寄せようとプレーしていることだと思います。それが、ギリギリの所で体に当ててブロックしたり、ピンチにも相手のシュートが吉田のそばに飛んでいることにつながっています。今日も、全員の力で勝点を取りたいものです。
--------------------------------------------------------------------------------
>hazaki さんへ

加えて、奪ったボールを落ち着かせることが出来ず、簡単に相手に渡してしまうこともあって、中々前へ出て行けないという状況もあるように思います。もう少し落ち着けば高い位置でつぶすことも可能だと思いますが、いまの状況では止める位置も低くなるのはやむをえないかもしれません。
解決は、繰り返し、繰り返し、トレーニングを積んでいくしかありません。少しずつ、しかし着実にチームの成熟度を上げていってほしいと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。