「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝点2と引き換えた教訓



 先制点を取って前半を折り返しただけに勝たなければいけない試合。しかし、後半の内容からすれば負けなくて助かった試合。そんな試合だったように思います。勝点2を落としたとも、勝点1を拾ったとも言える試合で、結果を一言で評価するのは難しい試合でした。ただ、ゲームとしては負けゲーム。リーグ戦を勝ち抜くには最低でも負けないことが大事だということを考えれば、あの試合展開での引き分けは受け入れなくてはならない結果だと思います。

 前節の岐阜、そして今節の熊本には、ボールサイドに人数をかけ、ボールを中心に狭い局面を作り、そこでボールを奪って一気に攻撃に転じるという共通点がありました。そんな相手との勝負の分かれ目は、この狭い局面をどう切り抜けるかということ。ボールを奪われると、相手の人数が揃っているだけにピンチを迎えることになり、逆にボールを奪えば、相手の後ろ、あるいは反対サイドには自由に使えるスペースがあり、ダイナミックな展開を得意とする福岡にとっては、限りなくチャンスが広がります。

 城後寿の先制ゴールは、まさに福岡の狙い通りの形からでした。中盤の右サイドでこぼれたボールを城後が大きくサイドチェンジ。そして左からの中島崇典からのアーリークロスを大久保哲哉が頭ですらしてゴール前ファーサイドへ。大きな展開をふたつ挟んだことで、城後はゴール前で完全にフリーになることができました。城後の右足からノートラップで放たれたシュートはワールドクラスのものでしたが、それを生んだのも、この展開があったからでした。

 そして福岡のピンチは逆のパターンがほとんど。岐阜戦も、熊本戦も、相手にボールを引っ掛け、ボールを追い越してくる選手、あるいはスペースへ飛び出す選手にマークを振り切られてしまうというものでした。熊本戦では、後半の立ち上がりにボールを持った選手が不用意にキープするシーンが増えたために、相手の人数をかけたプレスに引っかかるようになり、それを繰り返しているうちに、ゲームの流れを完全に失ってしまいました。

 互いの強みと弱みが混在している局面でのせめぎ合いを優位に進めるための努力を重ねることは引き続き必要ですが、その一方で、優位に展開できない場合の対策を、もっと整備する必要があります。そういう意味では、熊本との試合は自分たちのスタイルに教訓を与えてくれたのだと捉えるべきかもしれません。それが貴重な教訓となるのか、高すぎる授業料なのかは、これからの試合次第。まずは愛媛戦に勝利することが大切だと思います。

コメント

一番問題なのは90分間戦えない
体力の無さではないでしょうか?
ここ数年、走り負けるアビスパを観ています。
スポーツの基本である走り込みができていない。
まずはそれからでしょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

前半後半でまったく展開がかわりました。
原因は皆がいうように足が止まったことでしょうね。

アビスパの選手個々のスタミナが熊本より劣っているとは思いませんが、走る質が違ってたような気がします。

藤田はすごいですね。2列目から飛び出したり、下がってきてボールさばいたりとか。藤田が走れば敵も味方も皆走る(走らされる)!
オシムさんが言ってた『考えて走る』ってこういうことなんでしょうね。

アビスパは中盤であれだけ後手後手になって走らされると、スタミナあってもさすがに足が止まるでしょうね。ある意味、すんごい運動量で前半から走りまわって(まわされて)ましたね(泣)

みなさん、コメントありがとうございました。いつものようにまとめてのレスで申し訳ありませんが、ご了解いただければ幸いです。
--------------------------------------------------------------------------------
>SOCIO さんへ

>それでも丹羽を使わないのは
>どうなんでしょうね。
>ベンチに置くのはもったいない。

確かに、丹羽はトップでプレーするに十分な力を持っていると思います。
丹羽だけではなく、FWでは黒部や田中佑昌もそうですし、中盤もそう。
今の福岡は、控にいる選手と試合に出場している選手の差が本当になく、しかも、モチベーションも非常に高い状態を維持しています。
こういう状態がチームの緊張感や、激しい競争を生み、チームとしての力が付いてくるのだと思います。私は素直に、いいチームになったなと思っています。

そして熊本戦。
確かに後半はバテバテで動けませんでした。
原因はいろいろあるのかも知れませんが、この試合では、奪ったボールをキープできずに簡単に相手に渡してしまったことで、無駄な労力を使いつ続けたことが運動量低下の最大の原因だったように思います。
基礎体力の増強はもちろんですが、戦い方に工夫をする必要があるのではないかと感じています。

いずれにせよ、後半は鬼門ですね。愛媛戦では90分間にわたって安定した試合をしてほしいと思っています。
--------------------------------------------------------------------------------
># さんへ

私も、この日の試合では、走る質の問題が運動量低下につながったのではないかと考えています。今シーズンの福岡は我慢が出来るようになりましたが、その我慢の仕方には、まだまだ改善点があります。今は必死で気力で守っている感じですが、相手の勢いをいなすような我慢の仕方も必要に思います。それができれば、また。もうひとつ上のレベルに行けるんじゃないかと思っています。

連勝は途切れましたが、これで4試合負けなし。チームが結果を残している間に、少しずつ変化を加えて、チームが成熟してくれることを望んでいます。

それにしても藤田はすごかったですね。相手ながら上手いなと感心していました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。