「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守備を支える決定力

どんな時でも、どんな場所からでもシュートを打つのが高橋泰の最大の特徴

 さて、昨日は守備陣の変化について書きましたが、その守備陣に、もうひとつ変化が感じられる部分があります。それは選手たちが口にする言葉です。昨シーズンまでは「守備陣が0で抑えれば、少なくとも負けることはない」という言葉をよく聞きましたが、今シーズンは「守備陣が0で抑えれば前が点を取ってくれる」と選手たちは口にします。わずかな違いですが、とても大きな違い。それが選手たちの我慢の精神的な支えになっていることは間違いないようです。

 現在2試合連続得点中、3ゴール1アシストのほか、岐阜戦の2点目のきっかけを作った高橋泰は、コンスタントにゴールが取れるようになった原因を次のように話します。
「ゴールに近い位置にいるのでゴールに絡めているというのがあると思うが、開幕したばかりのころと比べると、僕にボールが入ってくるケースが増えているので、僕の良さをチームメイトがわかってきてくれたのかなということと、少しずつ信頼を得られているのかなという部分があると思う。試合を重ねることで、自分のやりたいことが、だいぶできるようになってきた」

大久保哲哉も高橋とのコンビネーションに手応えを感じている
ベンチに控える黒部光昭も好調を維持。相手にとっては嫌な存在だ
 そして、高橋と2トップを組む大久保哲哉は、「攻めに関しては、ボランチがリスクを冒すときは冒して前へ出てくるので、ボールを落とすところもあるし、味方が自分の周りにいるので分厚い攻撃になっているのがある。今まではリスクを冒さずに後ろにいる状態が多くてサポートがなかったが、今はFWのそばにサポートに来てくれるので非常にやりやすい。フィニィッシュに行ける回数は確実に増えていると思う」と話します。

 それに加えて、ワンチャンスでゴールを奪える力が身に付きつつつあるように感じます。栃木戦の先制ゴール、横浜戦の決勝ゴール、そして岐阜戦でのコーナーキックからの2発。いずれも極めてシンプルに生まれたゴール。それは偶然の産物ではなく、常にゴールを意識したポジショニングや、ゴールにつながるスペースへの飛び出し、あるいは相手のマークを外すために細かな動きなおしを繰り返しているからこそ生まれたゴールですが、1本通ればゴールになるという期待感が非常に高くなっているように思います。

 そして、明日に控えた熊本戦でも、この2人に大きな期待がかかります。
「連勝中はすべて先制点を取っている。熊本戦でも先制点を取って、相手のゲームプランを崩したい」(大久保)
「熊本は3年間一緒にプレーした選手が多い。長所の潰し合いだったり、短所のせめぎあいになると思うが、相手のウィークポイントを付ければゴールは取れると思っている」(高橋)
 激しい戦いが予想される九州ダービーですが、2人のゴールで相手を突き放すような試合をしてほしいと思っています。

熊本戦では藤田俊哉とのマッチアップが予想されるウェリントン。重要な役割を担う 11日は好天ということもあって、大勢のサポーターが練習見学に訪れていた 荷物を積み込んで準備は万端。あとは熊本をたたくだけだ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。