「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我慢の理由、そして継続の大切さ

田中誠の経験が最終ラインに安定感を与えている。

 まずは朗報から。胸スポンサーの株式会社エバーライフに引き続き、ユニフォーム(背中)スポンサーとして、株式会社オデッセイ コミュニケーションズがチームをサポートしてくれることが決まりました。アビスパをサポートする体制も、一歩ずつ進んでいるようです。経営の安定化に向けて、フロントの皆さんには更なる努力をお願いしたいと思っています。

 さて、現在3連勝中と上り調子にある福岡。その要因が「我慢」にあることは、J's GOALに掲載中のJ2日記にも書きましたが、精神的な面で選手の守備意識が高まっていることに加えて、試合を重ねることでチームの連携が少しずつ高まってきたことが、我慢できるようになったことにつながっているように思います。その中心にいるのがGK吉田宗弘と、田中誠、柳楽智和のCB。「声を出して自分たちを動かしてくれるので、その指示に従って動いている。とても助かっている」と山形辰徳も信頼を寄せています。

強さに落着きが備わってきた柳楽智和。後ろからの声で守備をオーガナイズする
周りとの連携の中でゴールを守るのが吉田宗弘の真骨頂
 その吉田宗弘。ここまで非常に安定したパフォーマンスを発揮しています。
「去年1年間やってきて、選手の性格的なこと、技術的なことも含めて掴めるようになったので指示の出しやすくなったし、昇格したいという気持ちが強いし、キャプテンというポジションを与えられていることに対しても責任感を感じるし、いろんな部分が、今のところはいい方向へ向かっていると思う」。
 岐阜戦では、選手を動かして相手のシュートコースを限定することで、ギリギリのところでいくつもの好セーブを見せてくれました。

 そして田中誠。開幕直後は不安定だった最終ラインは安定感が増してきました。
「DFラインとボランチのところで、1人が行ったら、それに連動して守備ができる時間帯も多くなったし、前の選手が高い位置からプレスを掛けることでコースが限定されて守備の人間が守りやすくなった。チーム全体の意識が高くなったことが守れている要因」(田中誠)。一番の変化は選手間の距離が近くなったことだと話します。それが、1人が崩されてもカバーする選手がいて、最後はシュートコースが限定できる守備を可能にしているように思います。

 しかし、まだまだこれから。継続することが大事だと2人とも口を揃えます。
「シーズンは長いし、先のことを考えずに1試合、1試合続けていくことが大事」(吉田)。
「まだ序盤。これを継続させて結果を出していかないと、いまやっていることが無になってしまう。継続してしっかりやっていきたい」(田中誠)
 0で抑えているといっても、崩されているシーンがあるのは課題。継続することで、もっと、もっと精度を上げていく必要があります。まずは次の熊本戦。勝利はもちろん、安定した守備で無失点で終えることも大きな目標だと思います。

前線の高い守備意識も完封試合に大きく貢献している 献身的な働きで試合を終わらせる黒部光昭の働きも見逃せない 練習後にリラックスした表情を見せる選手たち。チームの状態がいい証拠だ。

【J2日記更新情報】 ※J2日記はこちらでご覧になれます。
 0410 絶品・飛騨牛の串焼き。けれど… 長良川競技場編
 0409 ボールと一緒に歩く旅 岐阜編
 0407 それは5月6日から始まった

コメント

それでも丹羽を使わないのは
どうなんでしょうね。
ベンチに置くのはもったいない。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。