「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狙うは3連勝

「前半のうちに先制点がほしい」とは大久保哲哉。ハードワークでゴールを目指す

「岐阜とアウェイでの対戦は1勝1分。相性は悪くはないので、しっかりボールを動かして、ハードワークして、まずは3勝目を挙げて勝ちを先行させたいですね。開幕を引き分けて、その後に2敗。第1クールではもう負けられないし、まずは白星を先行させるという意味で、岐阜との試合は非常に重要な試合になると思います」。引き締まった表情で話してくれたのは大久保哲哉。その表情からは「常に大事なのは目の前の試合。そこに全力を尽くすだけ」という強い意志が感じられました。

 4日に岐阜へ移動するチームにとっては、試合前に本格的に追い込めるのは、この日が最後。狭いグリッドでのボール回し、流れの中からのシュート練習の後、岐阜のシミュレーションを兼ねた紅白戦を行ってすべてのメニューを終了しました。紅白戦の前半は控え組が押し気味に試合を進めて相変わらずのモチベーションの高さを示せば、後半は主力組が盛り返してポジションを渡さないという意地を見せるなど、チームの緊張感は相変わらず。いい状態に仕上がっていると思います。

高橋も好調を維持。連続ゴールなるか
少しずつ本来のキレを取り戻しつつある田中佑昌
 さて、勝利のためには安定した守備が必要なのは言うまでもありませんが、いい攻撃の形を作れるようになっているだけに、早い時間帯でゴールが欲しいというのも正直なところ。大久保も同じ思いを抱いているようです。

「やはり前半のうちに先取点が取りたいですね。中々ゴールが取れないんですけれども、セットプレーであれ、ラッキーなゴールであれ、どんなゴールでも1本入れば、がらっと変わると思います。どんなに攻めていてもゴールが入らなければ相手も精神的に落ち着いてしまうけれども、1点でも入っていれば相手も精神的に苦しくなるはず」。

 過去2試合のゴールは、チーム全体の守備意識の高さが苦しい時間帯を我慢しきったことで生まれたゴール。守備陣の頑張りに応えるためにも、岐阜戦は攻撃陣がリードするような試合にできれば、また一歩前へ向かって進むことができるのではないかと思います。

 ただし、どんなサッカーになるにせよ、絶対に譲れないのは、謙虚に、相手を尊重し、しかし自分たちのサッカーに自信を持って戦うという姿勢。そして、絶対に勝って帰るという強い意志です。
「いまの状況に満足せず、次のゲームでも同じことができるようにやるだけ。岐阜は攻守にわたってアグレッシブなチーム。集中して試合に入らないとやられてもおかしくない」(篠田善之監督)
 混戦J2では簡単に戦える相手はひとつもありません。ひとつ、ひとつのプレーを大切に。その先に勝利があります。

試合への復帰を目指して急ピッチで調整する久藤清一 水を取りながら細かな修正点を話し合う選手たち 城後寿も草津戦以来のゴールを狙う

【J2日記】更新情報 09.04.03 スタジアムはブラジルの香り レベスタ・グルメ その1

コメント

社員さんも頑張っています。

アビスパ福岡の社員さんが営業でチケットの飛び込み訪問販売をしています。2日の昼間。自宅にやってきました。家の者がシーズンシートを購入していると伝えると社員の方が「私もがんばります。」と言って去ったそうです。先日の横浜FC戦で泰が「もっともっとおおぜいのお客さんをよんできてください」と言っていた。そうです。レベスタがいつも満員だったら選手たちも、よりいっそう燃えて頑張るでしょう。私たちも一人でも多くのファンを増やせるよう、誘いあってレベスタにいこう。

レベスタの飛行機はなに?

J2日記「ブラジルの香り」炭火焼きのウィンナー、ニンニクがきいてとてもうまいです。炭火がうまさをひきたてます。私たちも行くたびに食べておりますし、レベスタ屋台も楽しみのひとつですね。ところで、レベスタにある単発プロペラ機はなんでしょうか。なぜあそこにあるのでしょうか。本物でしょうか。「J2日記」か「フットボールの日々」で教えてもらえませんか。

>ガンレクマン さんへ

中倉です。コメントありがとうございました。また、レスが遅れてしまい申し訳ありませんでした。

さて、本日(10日)、ユニフォームの背中のスポンサーが発表されました。これも、ひとつ、ひとつの努力の積み重ねの結果だと思います。経営安定化に向けて、クラブは引き続き営業活動をすると思いますが、私たちもできるレベルでクラブの活性化の力になりたいものですね。

さて、ご質問にあったレベスタの単発機ですが、あれは大西洋横断飛行で有名なリンドバーク夫妻が世界一周に使用した単発水上飛行機「ロッキード・シリウス号」の複製です。リンドバーク夫妻は旅の途中で、当時の名島水上飛行場に立ち寄ったのですが、それを記念してレベスタ1階のロビーに置かれています。
詳しいことを整理して、近いうちにレポートしたいと思います。もう少しお待ちください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。