「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調整は順調

順調な回復ぶりを見せる久藤清一。九産大との練習試合では随所に「らしい」プレーを見せた

 高橋泰のスーパーゴールで劇的な勝利を挙げた翌日、雁の巣球技場で行われたのは九産大との練習試合。平日の11:00からという時間帯でしたが、雁の巣球技場には平日とは思えないほど多くの見学者が足を運んでいました。それにしても先発メンバーの顔ぶれは豪華そのもの。このままJ2のリーグ戦に参加しても全く遜色のないチームです。1人、1人の顔を見ていると、改めて、いい質をもった選手たちが集まっているのだなと感じます。

 試合内容も非常に引き締まったものになりました。それは、九産大が頑張ったというよりも、福岡の選手たちが非常に高いモチベーションで臨んでいたからです。いくつかのポジションを動かし、2トップを変えた後半は、風下だったこともあり、チームとしてのパフォーマンスは落ちましたが、前半は全く九産大を相手にせず。一切力を緩めることなく4ゴールを記録しました。アマチュアとの練習試合で、これほど高い集中力と緊張感を伴った試合ができるのは、それだけチームの状況がいいという証拠だと思います。

久永辰徳も豊富な運動量と、アグレッシブなプレーをも見せて、先発復帰に猛アピール
丹羽は万全の状態をキープ。その準備する姿勢はプロそのもの
 さて、この試合の注目は膝の再手術を行い、復帰に向けてトレーニングを続ける久藤清一選手。前半はボランチとして、後半は右SHとして、トータルで65分間プレーしました。

 痛む膝をだまし、だましプレーしていた宮崎キャンプでは、あまり明るい表情が見られませんでしたが、明るい表情でプレーする姿からは、回復が順調であることを窺われます。特に、前半はボールを受けて、捌いて、チームをコントロール。随所にさすがと思わせるプレーを披露していました。復帰も遠くはなさそうです。

 そしてもう1人。猛烈にアピールしていたのが久永辰徳でした。運動量はピカイチで、左サイドから中央まで、時には前線に飛び出して存在感をアピール。局面でのボールの奪い合いでは、大学生相手に激しく体をぶつけてボールを奪い返すシーンも見せてくれました。久藤同様に、膝の様子と相談しながらのプレーですが、どんな状態であれ、自分の持っているものをすべて出すという姿勢からはプロとしての、そして今シーズンにかける強い思いが伝わってきました。

 そのほかの選手たちも、一様に好調を維持。ポジションを奪い取る気持ち、いつでも準備ができていることをアピール。ポジション争いは相変わらず激しく、誰が先発してもチームとしての力が変わらない状態が続いています。篠田監督も「本人たちも試合に出たいという気持ちでやってくれて、アピールしてくれた。よかった」と篠田善之監督も満足気な表情を見せていました。激しいポジション争いは強いチームの条件。次節の岐阜戦も、いい状態で臨めそうです。

激しく前線で競り合うアレックス。出場機会を求める気持ちは強い ゴールを狙う大山恭平。やや焦りもみられるが、落ち着いてプレーすることが何よりも肝要だ 日に日にSBらしくなっていく釘埼康臣。パワーとスピードでポジション奪取を狙う





コメント

中倉さん、こんばんは。
久藤ちゃん、やっと戻ってきましたか!
やっぱり僕にとっては彼がスーパーヒーロー。
復帰戦は涙が出ちゃうかもしれません・・・笑

チーム状態は悪くないのですぐにスタメンってことはないかもしれませんが、流れを変えたいときなどに彼がベンチにいてくれるっていうのは本当に心強いですよね。
いつも新鮮な情報をありがとうございます!

>ryon さんへ

コメントありがとうございます。
監督も、久藤本人も、まだ慎重な姿勢は崩していませんが、復帰の時期がかなり近づいてきていることは間違いありません。万全ではないと言いながら、本人は出場に非常に意欲的です。長く続けてきた現役生活の影響で、膝が完治するというのは難しいかもしれませんが、違和感なくプレーできる段階には既に来ているようです。あとは細かいところの調整や、実戦の勘を戻すことだけではないかと私は見ています。
さて、いつ出てくるのか、楽しみになってきました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。