「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡の決定力

試合を終えたレベルファイブスタジアム。勝利の余韻を残して静かにたたずむ。

「福岡の決定力」。J's GOALの試合レポートのタイトルに使った言葉ですが、高橋泰の決勝ゴールが決まった瞬間、心の中で、そう絶叫していました。記者席で立ち上がって両手を突き上げて「よっしゃー」と声を上げたのは久しぶり。そのくらい素晴らしい、そして興奮するゴールでした。そして、シーズン終了後に、「あのゴールがあったから」と振り返ることになるであろうゴールだったと思います。さすがは高橋。どんな時でもゴールを狙うストライカーの本能を見せてくれたゴールでした。

 さて、この試合では二つの収穫がありました。ひとつは、栃木戦に引き続いてボールも、人も動く連動性のあるサッカーを見せてくれたことです。ウェリントンと鈴木惇で中盤を組み立てながら、FWと中へしぼってくる両SHとともに、ダイレクト、あるいは少ないタッチでボールを回し、サイドに空いたスペースを利用して両SBが駆け上がる、厚みと迫力のある攻撃を見せてくれました。両SBがどれだけフリーでボールを受けられるかが、福岡の攻撃のバロメーターですが、その形もよく作っていたと思います。

 そして最大の収穫は、試合を支配しながらもゴールが奪えず、時間の経過とともに悪い流れになった時に我慢できたことです。苦しい中でも、攻め上がる時は全員で前に出て、守る時は体を張ってボールを跳ね返す。全員が労を惜しまずに走り、ボールを追ったことで悪い流れを凌ぎ切りました。これまで、何度も指摘してきましたが、悪い流れの時に我慢しきれずに、そのままバランスを崩すのが福岡の数年来の課題。その克服に向けて一歩前へ進めたように思います。

 その一方で、課題は、攻めに出ようとするところ、あるいはフィニィッシュにかかろうとするところで、出し手と受け手のタイミングが合わずに何度もミスを繰り返したことです。連戦の疲労が蓄積し、思うように体が動かなかったことが最大の原因ですが、それにしても多すぎたと思いますし、横浜FCがミスのお付き合いをしてくれなかったら、別の展開になっていた危険性もありました。次節の岐阜戦までのインターバルは6日間。疲労を取って臨む試合で、どこまで改善できるか。それがこれからの戦いに向けての一つのポイントだと思います。

 全体を見れば、課題を残しながらも、少しずつ福岡の目指す形が見えてきました。ただし、まだ2試合だけ。この戦い方がコンスタントにできるようになって初めてJ1のゴールが見えてきます。そういう意味では、次の岐阜戦も、栃木、横浜に続いて大事な試合。ここでも同じサッカーを披露して、なおかつ、勝ちにこだわる戦い方をしなければなりません。それを繰り返していくことで、見えてきた形がチームの本当の力に変わっていくからです。いい準備をして、岐阜に乗り込んでほしいと思います。

コメント

水戸戦が嘘のように、1タッチ2タッチで、ボールが回り、人が動き、思わず「これだよ、目指す方向は!」と思いながら観戦していました。
これなら今日は引き分けでも、それなりに満足して帰れるなと思っていたら、あのスーパーゴール!とその後の集中した締め方。
ハラハラしどおしだったので快勝とは言えませんが、いい試合でした。(イライラしませんでしたし)
あとは、支配したボールをいかに前に持っていくかと、これを続けていけるかだと思います。
愚痴はこぼすものですね。ありがとうございます☆

>ayakarisa さんへ

コメントありがとうございました。
いい試合でしたね。悪い流れになりかけた時間帯も、全員がしっかりと我慢できたことが、高橋のゴールを生んだのだと思います。チームの目指す方向は見えてきましたし、そこへ向かって、一歩ずつ前へ進んでいるように感じます。
しかし、まだまだこれから。うまくいくことも、そうでないことも、いろんな事が起こると思いますが、時に喜び、時に愚痴りながら、それでもアビスパがJ1に昇格することを信じてチームとともに1年間を過ごしたいものですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。