「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯出場権、ほぼ手中に

スタンドに描きだされた日の丸と、「ALL FOR 2010」の文字。57276人のサポートを受けて、日本はW杯出場に王手をかけた.jpg

 さて、28日は埼玉スタジアム2002に行ってきました。ここ数年、代表人気の陰りが問題視されていましたが、さすがにW杯予選は別。16:30に浦和美園駅に着いたのですが、すでに大勢のサポーターでごった返していました。勝てば4大会連続のW杯出場に向けて王手がかかるとあって、キックオフの時間が近づくとともに人波が増え、最終的にスタジアムで代表チームを応援したのは57276人。その大観衆の中、中村俊輔のFKで奪った1点を守りきった日本代表は、W杯出場権獲得まで、あと勝点3に迫りました。

 選手たちには緊張感もあったのでしょう。直前に集合して戦わなければならない代表チームの難しさもあったのでしょう。内容的には、とても満足のいくものではなく、中村俊輔のFKが壁に当たらなかったら、どうなっていたか分からない試合でした。しかし、どんな形であれ、結果として勝点を重ねることがW杯予選では最優先。また、強いから勝つのではなく、勝ったほうが強いというのが勝負の世界の鉄則ですから、最高の結果と言えると思います。

 その一方で、どこかで物足りなさを感じることも否定できません。ボールは持てるけれども引いて守る相手を崩すことができない、巧さは感じるけれども力強さが感じられないなど、相変わらずの戦いぶりがその理由。また、この試合で言えば、相手が守りを固める狭いスペースを突破することにこだわって、バーレーンの守備陣に引っかかることを最後まで繰り返したことや、1点リードの終盤に攻めるのか、守るのか、チームの意思統一が徹底されていなかったのも、物足りなさを感じた理由でした。

 1998年フランスW杯に初出場を果たして以降、数々のアジアでの戦いを振り返れば、日本がアジアのトップレベルの力を維持していることは間違いありません。ただ、そこから先のレベルへステップアップする方法論はあっても、具体的な糸口を見つけられていないというのが、現在の日本代表の位置。いわば膠着状態にあると言えます。それが、2002年W杯以降、日本代表に閉塞感が漂っている原因のような気がします。

 そんなことを考えながら、この記事のタイトルをつけました。サッカーは何があるか分からないスポーツ。それがW杯予選であればなおさらのことです。それでも、スポーツ新聞のようなタイトルを敢えてつけたのは、何の問題もなく、当然のように勝利を重ねる試合を見せてほしいと思うからです。国際大会で、そんな試合をするのが難しいことは承知の上で、しかし、ここから先のレベルを目指すのなら、アジア内ではそのくらいの戦いを見せられなければいけないとも思います。残り3試合。次のステージに向けての可能性を見せてほしいと願っています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。