「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖地・国立で戦う大事な試合



 さて、栃木SCと対戦する25日の試合は、アビスパにとっては言うまでもなく序盤戦で最も大事な試合。J1昇格レースを勝ち抜くためには何があっても連敗を止めなければなりません。「自分のゴールも欲しいが、まずは勝つことが優先。自分がゴールを狙うあまりに前線からの守備をさぼると、チーム全体としてはいい影響を与えない。そういう細かいところを続けていけば必ずチャンスが来る。それに水戸戦の前半の戦い方が自分たちのベース。あのサッカーができれば相手は関係ない。絶対に連敗を止める」。練習終了後、大久保哲哉はそう話して空港へと向かいました。

 栃木SCは今シーズンからJリーグ参入を果たした新しいチーム。しかし、前節のC大阪戦の先発メンバーのうち7人がJ1でのプレー経験を持っており、選手個々のレベルは決して侮れません。ここまで3連敗と結果が出ていませんが、その内容は経験不足ゆえの不安定なチームとは全く違います。要所を占める経験豊富なベテランと、若さを武器にアグレッシブにプレーする若い選手が融合されたチーム。「守備が安定し、奪ってから早い、まとまったチーム」と篠田善之監督も話します。

 布陣はダブルボランチを置いた4-4-2。ハードワークとディシプリンを基調にして組織で戦うチームで、ここまでの試合をビデオでチェックしましたが、松田浩監督らしさがプンプンしていました。最大の特徴はボールを中心にした守備。いわゆるゾーンディフェンスで、整備された守備ブロックでスペースを消し、高い位置からの素早いアプローチと、常に数的優位を崩さない守備は堅牢そのもの。流れの中から奪われた失点が1という数字がそれを表わしています。

 チームの象徴的な存在は、高い技術と戦術眼でチームを牽引する右SHの佐藤悠介。左サイドからは、松田サッカーの申し子と呼ばれる栗原圭介がゲームを作ります。ボランチは運動量豊富な鴨志田誉とバランスをとる役割を担う本橋卓巳。ベテランの米山篤志と大久保裕樹の両CBが最終ラインをコントロールしています。攻撃では左SBの入江利和のオーバーラップが武器。前線で前田正俊、あるいは若林学がボールを収め、河原和寿がスペースへ飛び出してゴールを狙います。

 その堅固な守備をいかに崩すかが福岡にとっての最大のポイントですが、そのためには、水戸戦で見せた前半のサッカーを再現することが必要。また、機を見て個人で積極的に仕掛けることで堅固な守備ブロックを崩す場面も作りたいところです。注目は福岡の右サイドでの攻防。栃木の最大の武器である入江と城後寿のマッチアップになりますが、ここで主導権を握れれば、試合全体でも福岡がペースを握れるはず。いつも以上に、城後には仕掛けてほしいと思います。何はともあれ、勝利あるのみです。

コメント

おはようございます。
まさかこの日を未勝利のまま迎えることになるとは。
久しぶりに国立でアビスパが見れるという純粋な楽しみ以上に、絶対に勝たなければならないという気持ちの方が強いです。

平日開催ですが関東在住の多くのサポーターが集まってくれると思います。
もちろん遠路福岡からも。
「来れない奴ら」の思いを胸に、選手と一緒に戦いたいと思います。

それでは国立で。
お会いできるのを楽しみにしています!

よかった。よかった。

やっと勝ちました。それもジャンボのゴールをもって。そもうえ失点ゼロもよかった。横浜FC戦で連勝し、久しぶりにホームでの雄たけびをあげたいものです。選手のみなさん頑張りましょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。