「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収穫はあったけれど・・・



 いい面が見られた反面、相変わらずの課題も露呈。そんな試合でした。いい面がクローズアップされたのは前半。課題とされていた中盤のバランスが解消され、人も、ボールも動く、ダイナミックなサッカーを展開して、スタジアムを何度も沸かせてくれました。J's GOALや、このブログにも書いたように、難しい試合になると思っていましたが、そんんな心配を払拭してくれる前半でした。

 それを作ったのは鈴木惇と丹羽大輝でした。攻撃面での最大の課題は、FWの近くでプレーする選手がいないということでしたが、この日は鈴木が積極的に高い位置でプレー。FWのフォローをしてゲームを作っただけではなく、自らも2列目から飛び出してチャンスを作りました。チーム全体がコンパクトに、そして高い位置でプレーできたのは、鈴木がチームを引っ張ったからこそ。キャンプ中からの懸案事項であった誰がウェリントンと組むかという問題は目途が立ったように思います。

 そして丹羽大輝。この日の仕事はロングボールをしっかりと跳ね返すこと。「ロングボールを蹴ってきても、自分個人の力で競り合う相手に仕事をさせないのが最低限の仕事。崩されたとしても最後のところで跳ね返せば問題はない。そのくらいのことを考えてやらないといけないポジション」。試合前に、そう話していましたが、見事にそれを実践。90分間にわたって、水戸の高崎に全く仕事をさせず、それがラインを高く保つことにつながりました。CBを任せるのに十分なパフォーマンスでした。

 しかし、後半は別のチーム。特に再びリードを許してからは、攻守にわたって何がしたいのか全く感じることができない試合になってしまいました。苦しい時間帯に全く我慢できないのは前節と同じ。雑なプレーが増え、単純なミスを繰り返してピンチを招き、その流れのままに失点する傾向は修正されていませんでした。90分間の中には必ず思うようにいかない時間帯があるもので、この傾向が治らない限り、どんなにいいサッカーをしたとしても、勝ち星を重ねることは難しいと思います。

 チームとしてのベースを作り上げる作業が、引き続き必要であることは言うまでもありませんが、プレーのディテールについて、個々の意識をより高く持つことが必要です。日々のトレーニングでは、雑なプレーが出るたびに「少しのことで試合が全然変わってしまうぞ」と篠田善之監督から檄が飛びますが、それを試合で繰り返すということは、まだまだ練習中の意識レベルが足らないと言わざるを得ません。昨年から続く課題はいつになったら治るのか。福岡にとっては非常に重い課題です。

コメント

前半は本当によかったと思います。
後半の出来は最悪でしたね。
水戸や草津になら勝てるんではという
甘さがあるんではないでしょうか?
今のアビスパなら最下位も十分に考えられる。
そういう気持ちで練習と試合に取り組んで
ほしいと思う。

CBは丹羽が入る事で落ち着くように思います。
できたら宮本選手を使ってほしい。
こういう時こそ彼の気持ち伝わるプレーが
活きてくると思います。

雨で、ピッチが濡れていて、
ボールが伸びるので、
水戸が裏へのボールを
有効に使えなかったのが、
コンパクトに保てた要因だったりして・・・

後半の押し込まれた苦しい時間帯、
FWには前線で、
1秒でもボールキープして欲しかった。

3試合見て、うちのFWは縦に早いし、
ゴール前で点で勝負できますが、
楔のボールを受けたり、
サイドのスペースでボールもらうのは、
苦手みたいですね・・・たぶん。

蜂さん、#-さん、コメントありがとうございました。
まとめてレスさせていただきますので、ご了承いただければ幸いです。
--------------------------------------------------------------------------------
>蜂 さんへ

課題は悪い流れになったときに我慢するということだと思います。
リズムが悪くなるきっかけは、単純なミスや雑なプレーがほとんど。そのまま、バタバタとしてしまう場面が開幕から目につきます。
特に栃木は安定感のある守備をベースにした、奪ってから早いチームなので、単純なミスは命取り。攻守にわたってメリハリをつけながら、水戸戦のぜんはんで 見せたサッカーでゴールを奪ってほしいと思っています。
--------------------------------------------------------------------------------
>#- さんへ

木山監督(水戸)によると、福岡のウィークポイントを突くことよりも、自分たちのサッカーを優先させるため、裏へのボールを多用するということをしなかったそうです。ただ、前半は福岡の勢いがありましたから、室生にも自由がなかったのだろうし、後半は中盤を制していましたから、裏へ向かった長いボールを蹴る必要がなかったのかもしれません。

おっしゃる通り、後半は前線でキープできませんでしたね。前半は、大久保哲哉のそばに中盤の選手がフォローしていましたから、納めてから展開するパターンが機能していたように思いますが、後半は大久保の近くでプレーする選手がいませんでした。大久保は常に2人~3人で囲まれていますので、孤立してしまうとボールをコントロールするのは難しい。栃木戦では、常にだれかがそばにいることを心掛けてほしいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。