「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果だけが問われる試合

今シーズンを左右することになるかもしれない大事な試合。選手たちへの話にも力が入る。

 いつものように攻守に渡るセットプレーの確認と、軽いゲーム形式のトレーニングで全体のチェックをして、水戸戦前の最後の練習が終わりました。試合プレビューについては J's GOAL に掲載されていますが、この試合は福岡にとっては難しい試合になると思っています。水戸は草津同様に、いま大きく様変わりしようとしているチーム。チームの完成度という点では、現時点では福岡を上回っています。過去の対戦成績は全く関係なく、五分と五分の戦い。その覚悟で戦う必要があります。

 水戸の基本的なスタイルはボールをつなぐサッカー。中へ絞る菊岡、遠藤の両MFを中心にボールを動かし、左サイドからは小澤が積極的にオーバーラップ。そして最後はエース・荒田のスペースへの飛び出しに合わせるというのがパターンです。勢いに乗せるとややこしい。そんな印象があります。明日の試合では、立ち上がりに大きく蹴って福岡のバランスを崩し、その上で中盤に空いたスペースを利用してボールを回すのではないかと思っています。

サポーターはジャンボ劇場を待っている。
セットプレーも大事な武器。 中島の左足にも期待がかかる。
 福岡にとっての最大のポイントはロングボールへの対応です。過去2試合とも、単純に蹴ってくる相手に対して簡単に裏を取られ、その流れのままにバランスを崩すというパターンを繰り返していますが、まずはここを落ち着かせられなければ先へは進めません。ラインをこまめにコントロールすること、蹴られたらしっかりと弾き返すこと、まずはこの2点です。

 もうひとつは、ボールホルダーに対するアプローチのスピードを上げて、それに連動して中央のスペースを消すこと。これは篠田善之監督が就任以来口酸っぱく指導していることですが、キャンプ中と比べると、ファーストディフェンダーが曖昧で、ボールホルダーに対するプレスが甘くなっているように思います。相手を待ち構えてしまって自由にパスを回され、守備が後手になることで振り回されてスペースを作ってしまう。これも開幕以来の課題です。怖がらずに全体で押し上げること。勇気を持って戦ってほしいと思います。

 そして、泥臭く、我慢して戦うことです。負けてもおかしくなかった開幕戦を引き分け、早々に2失点を失ったのにも拘わらず最終的に2点を返した草津戦と、昨年と違った姿は見えています。しかし、それがチームの力になっていないのが現状。チームの連携を高めるためには時間が必要な面もありますが、まずは、変わりつつある姿がチームの力になるためのきっかけが必要です。それは勝利以外にありません。結果だけが問われる試合。それが明日の水戸戦だと思います。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

勝にはどうしたらよいのか

高橋選手の待望のゴールが生まれ、これでいけると思いましたが、後半は全く攻撃になっていませんでした。どうしてこんな結果になってしまうのでしょうか。アビスパ福岡には何が足りないのか、どうしたら勝てるのでしょうか。分析お願いします。ホーム2試合ですが観客数は、確実に減っています。選手全員の歯車がかみ合い勝利を呼び込む戦術を考えてもらいたいものです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>ガンレクマン さんへ

中倉です。コメントありがとうございました。
アビスパに決定的に足りないものは、流れが悪くなったときに我慢しきれないということだと思っています。

これをやれば絶対に勝てるという戦術が存在するわけではなく、また、それぞれのチームの持つポテンシャルや、目指す方向性によって、それこそ山ほどの戦術があります。どれを選択するかは、それぞれのシチュエーションによって異なるわけで、何かをすれば勝つなどということはありえないと私は思っています。

では何が勝負を決するのか。きわめて単純ですが、自分たちのリズムがいい時に得点を奪い、相手の時間帯には我慢して相手に得点を許さないということだと思います。
サッカーでは、どんな試合でも相手の時間や、自分たちの思い通りにならない時間帯があります。強いチームは相手の時間帯に耐えきるか、たとえ失点しても最小限にとどめ、再び自分たちの時間にするためにゲームを進めていくものです。

ところが福岡は、相手のリズムになると何の抵抗もできずにズルズルとやられてしまいます。それも、ほとんどが単純なミスや、雑なプレーから始ります。以前も書きましたが、困ったときに、どうやって凌ぐのかというベースの部分が確立されていないこととに加え、ひとつ、ひとつのプレーに対するこだわりの部分が足りないのが要因だと私は考えています。

ベースを作るためには時間がかかります。残念ですが、この点については焦らずに見守っていくしかありません。その一方で、単純にミスや、雑なプレーは個人の意識ですぐにでも改善できる部分もあります。ベースが確立するまでの間は、こうした細かいプレーにこだわって、しなくてもいいミスを減らすことで、苦しい試合を凌いでいかなければならないと思っています。

勝負を決定づける素晴らしいプレーの数々は、私たちの心に強く刻まれるものですが、実際には、勝負事のほとんどはミスから決するもので、互いのレベルが拮抗すればするほど、その傾向が強まります。ちょっとしたところかも知れませんが、単純なミスや雑なプレーを少なくしなければ勝利はあり得ないし、逆を言えば、この部分にこだわれれば、内容は悪かったとしても、何とか勝点を重ねていくことは可能ではないかと考えています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。