「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草津をどう抑えるか

最終ラインをコントロールする田中誠。全体をどうオーガナイズするか、重責を担う。

 福岡は明日、今シーズン初のアウェーゲームを戦います。以前も紹介したとおり、対戦相手の草津は、熊本との開幕戦を見る限りでは非常に手強い相手。福岡にとっては難しいゲームになります。しかし、今年のJ2は例年以上に拮抗しており、草津に限らず、簡単に勝てる相手などどこにも存在しません。紙一重の戦いが続くのはシーズン前からわかっていたこと。相手をリスペクトし、謙虚に、しかし自信を持って戦ってきてほしいと思います。

 ポイントはいくつかあると思いますが、草津の縦に速い攻撃をどう止めるのか、特に、ボールを追い越して前線に人数をかけてくる草津の攻撃を、どうやって消すかが大きなポイントになるのではないかと思います。怖がって下がってしまえば前線との距離が空いてしまい、連続攻撃を受けるという悪循環になりかねませんし、逆に高い位置でボールを奪えれば、前がかりになっている草津の背後のスペースをついてチャンスを作り出すことができるからです。

都倉賢(草津)をつぶすのは柳楽智和の役目。持前の人への強さで自由を奪う。
草津対策は万全。篠田善之監督は細かく選手に指示を与える。
 草津戦に向けて田中誠は次のように話します。
「前の選手をうまく動かしてバランスを取りながら、ボール保持者に対して誰が行くのか、誰がカバーするのかをはっきりさせることが重要。それと、奪った後にいい状態の選手に預けて攻撃のリズムを作るというのが必要だと思う。単純なクリアではなく、パスをつなぐような感じでマイボールにして、そこへ誰がサポートに行くのかというのを、切り替えを早くしてやりたい」

 まずは全体をコンパクトに保つこと。その上で、ファーストディフェンダーのアプローチのスピードを上げて、それに連動して中央のスペースを閉じるという、篠田善之監督が就任以来、口酸っぱく選手たちに指導している守備戦術を繰り返し実行できるかが鍵だと思います。
 そして、もうひとつは草津のターゲットマンである都倉賢に自由を与えないこと。その役目を担うのは人に強い柳楽智和。ボランチと連携して確実につぶしてほしいと思います。

 一方、攻撃面では守から攻への切り替えをスピードを上げること。前に人数をかける草津の攻撃は、時としてバイタルエリアにスペースが空きがちで、熊本との試合の序盤は、このスペースを藤田俊哉に使われて、守備に追われる時間帯が続いていました。奪った後に素早くこのスペースを使えれば、福岡が目指すテンポのいいサイド攻撃からチャンスを作り出すことができるはずです。

 さて、今シーズン最初のアウェーゲームはどんな展開になるのか、いまから楽しみにしています。もちろん、お土産は勝点3です。

今年は一味違う中島崇典。「福岡に来て2年目。言い訳はできない」と決意を新たにしている。 相変わらずの好調ぶりを見せるま黒部光昭。今シーズン初ゴールを狙う。 開幕戦でゲームキャプテンを務めた山形辰徳。その運動量は福岡の守備に欠かせない。

コメント

おもいっきっていけ、ジョーゴ。

西スポによると城後選手は右サイドで先発、宮原選手が代わりにボランチに入るとありました。
城後選手自身も右サイドの方が得意とのこと。どしどし、攻撃に参加して草津を圧倒してほしいものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。