「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手強い相手

7013人の観客が足を運んだKK WING

 草津手強し。熊本vs.草津の試合を見て、その感を強くしました。昨シーズンの成績は、福岡に次ぐ9位(福岡との勝ち点差は5)。昨年のエース・島田裕介が鳥栖へ移籍し、どのようにチームをまとめ上げてくるかと興味深く見ていましたが、廣山望を新たに迎えたチームの力は昨年よりも上。この日の試合を見る限り、植木繁晴GMの下で築き上げたベースの上に新たなエッセンスを加えたチームは、J1昇格争いに加わる力を十分に持っているように思います。

 佐野達新監督がチームに求めるのは、選手全員が果敢にゴールを狙うスタイル(詳細はJ's GOAL開幕特集を参考にしてください)。開幕戦ということで、立ち上がりは硬さが見られましたが、その狙いは90分間の間に随所に見てとれました。ボールが高い位置に収まると、一斉に選手が前へ向って走り出し、次から次へとボールを追い越してペナルティエリアへと飛び込んできます。特に目立っていたのがボランチの櫻田和樹。チャンスには必ずと言っていいほどペナルティエリアに顔を出していました。

開場を待つファン・サポーターの列。いつもながら、熊本のファンは熱い。
スタジアムでは一番人気の「勝つカレー」。ボリュームたっぷり、かつ安いのが人気の決め手。もちろん味も申し分ない。
 そして、攻守の切り替えの速さも佐野監督が徹底して求めてきたもののひとつ。それはチームのスタイルとして定着しているように見えました。

 また、チームのバランスの良さは昨シーズンから引き継いだもの。終了間際に1失点したものの、先制点を奪った後は、2枚のブロックを形成して全体のバランスを整えて、ボールホルダーに対して高い位置からプレスを仕掛け、熊本に反撃の機会を与えることはありませんでした。

 新戦力の廣山も存在感を発揮。右SHのポジションに入っていましたが、熊林親吾とバランスを取りながら、トップ下の位置へ移動してプレー。ボールをため、決定的なパスを送り、攻撃の要としてゲームを作っていました。
 そして、前線でゴールを狙うのは都倉賢と高田保則。恵まれた体格を生かして前線にボールを納める都倉と、持前のスピードでスペースへ飛び出す高田の連携もよく、相手DFにとっては厄介な2トップであることは間違いありません。

 櫻田が積極的に前に出てくる分、守備に回ったときにバイタルエリアにスペースができる傾向にあったようにも感じられましたが、それでも、シンプルにボールをつないで縦に切り返す攻撃の早さは要注意。ミスでボールを失うことが続くようだと命取りになりかねません。対戦相手が違えば戦い方も変わるものですが、それでも草津が要注意の相手であることは変わりありません。アウェーでの戦いであることも加え、かなり覚悟を決めて臨む必要がありそうです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。