「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手に入れられなかった勝ちきる力

勝利だけを求めた試合。しかし、またも勝ちきれなかった。

 いきなりつまづいた。そんな試合だったと思います。否が応でも硬くなってしまう開幕戦だったこと、今シーズンからJリーグに参入した富山が非常に高いモチベーションで臨んでいたことなど、いつもとは違う雰囲気の中での試合。内容を問うつもりは最初からありませんでしたが、「勝点1を拾った試合だった」と篠田善之監督が振り返ったように、試合の主導権を握られるところまでは予想していませんでした。いつやられていてもおかしくない試合。昨年までの福岡であれば、間違いなくやられていたように思います。

 この日の福岡に求められていたのは、とにかく結果を手にすることでした。「開幕戦はプレッシャーがかかるもの。自分も敢えて選手たちにプレッシャーをかけている。そのプレッシャーに負けずにやってほしい」。開幕前に篠田監督は話していましたが、それは「勝ちきる強さ」を選手たちに求めるが故の言葉だったように思います。過去2年間、ここぞというところで勝ちきれず、昇格争いに絡むことさえできなかった福岡にとって、その力こそがJ1昇格に必要だからです。

入場ゲート前には、開場を待ちきれない大勢のファン・サポーターが列を作った。
屋台村も大賑わい
 城後寿がゴール前の混戦から放ったヘディングシュート。中島崇典のクロスがポストに当たったシーン。高橋泰がゴール前に飛び込んでシュートを放ったシーン。その他にも、あと一歩というシーンはありました。しかし、それを決めきれる力を福岡は持っていませんでした。

 引き分けという結果は決して悪くはありません。しかし、福岡にとって絶対に手に入れなければならなかった「勝ちきる力」を、またも掴めなかったという感が免れない試合でした。

 昨年以上の混戦が予想されるJ1昇格争いには、降格してきた2チームに加え、昨シーズン10位の横浜FC辺りまでが絡むことが予想されています。ライバル同士の戦いで大きく勝ち越すことは難しく、昇格のポイントは、難しい戦いになるであろう下位チームとの対戦で確実に勝点を重ねることにあります。

 それが試された開幕戦。意図した攻撃の形や、辛抱強く戦って無失点に抑えるなど、昨年とは違った一面ものぞかせましたが、だからと言って、勝利に結び付けられるまでの強さは身に付いていなかった、そういう試合でした。

 ミックスゾーンに表れた選手たちの表情からは、この結果が受け入れがたいものであることが感じられました。しかし、試合結果はチームの力を正直に反映したもの。これが今の福岡の実力であることを正面から受け止めて、この悔しさを胸にとどめ、自分たちに必要な力を手に入れるべく準備を重ねるしかありません。次節はアウェーでの戦い。しかも草津は非常にまとまったいいチームです。開幕戦以上に厳しい試合ですが、今度こそ、結果を手に入れなければなりません。

コメント

みんな頑張ろう

悔しいけれど負けなかったから良しとするか。と無理に納得させていました。中倉さんのレポートを読んで、やっぱり勝ち点3をとらなければいけない試合相手だった。レポートからは、例年になく良い仕上がりで終了したキャンプ。勝利して開幕ダッシュをと期待していたら、前途多難。勝つことに対しての貪欲さが相手より足りなかったのでしょうか。連携、反応、、ゴールをめざす力強さに負けていた。ボールを持った者が孤軍奮闘で仲間のフォローが少ない気がしました。対して相手は、必ず複数でつぶしにかかる。チームワーク、連携が足りないのではないかといつも感じます。全員でゴールを狙うのではなく、役割が決っていて、ここまではおれがして、そのあとは君にまかして、最後はFWが決めてくれ。とひとまかせ。チャンスがあったら俺がきめてやる。ゴールをねらってやる。という迫力がない。選手同士になわばりがあり、遠慮があるのだろうか。チームとしての目標はあるが、攻撃のスタイルというか、アビスパはこうして勝つのだという、形が見えません。全くの素人の自分がえらそうに言うのも恐縮しますが、感じたままを書かせてもらいました。仲倉さんのレポート「手強い草津」を読むと、完成した素晴らしいチームで、とてもかなわない気がしてきます。どうしたらアビスパ福岡は勝てるのでしょうか。けれど、いちファン・サポーターは、応援するだけです。頑張って監督、選手たち。思い切って、打って出ろ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。