「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎グルメ チャレンジ編

丁寧に煮込んで取ったクリーミィなスープが美味しい。

 まずはご報告から。昨日(3月2日)から、J's GOALでJ2新企画が始まりました。タイトル名は「J2日記」。J2の日常を各クラブ担当ライターがレポートするもので、原則として、試合プレビュー・レポートが掲載される日以外に、毎日更新されます。さっそく、2日に「キックオフフェスタ2009」の様子を掲載してもらいましたが、今後とも福岡の情報について積極的に発信していくつもりですので、是非、アクセスしてください。よろしくお願いします。

 さて、今日は宮崎グルメチャレンジ編。とは言っても、それほど大袈裟なことではなく、宮崎へ行くたびに気になっていながら暖簾をくぐれなかったお店に飛び込んだだけのことですが(汗)・・・。と言うことで、最初のお店は「ぶたまん」。西橘通りから路地を入ったところにあります。開店しているのか、準備中なのか分かりにくいのですが特徴です(汗)。どう見てもラーメン屋なのですが、なぜ「ぶたまん」なんだろうとずっと気になっていたお店です。

シンプルな餡と、それを包むもっちり感のある皮がいい。
メニューはラーメンとギョーズ(餃子)のみ。残念ながら、店の名前を変えてしまった「ぶたまん」は、今はやっていない。
 メニューは、ラーメンとギョーズ(餃子のこと)だけ。「ぶたまんは?」と思いつつ、まずはラーメンを注文。ほどなく豚骨と系スープのラーメンが運ばれてきました。スープの表面にできているコラーゲンの幕が、丁寧に煮出したスープであることが分かります。

その口触りは実にまろやかでクリーミィ。味は濃厚なのですが、それでいて、あっさりと口の中に広がっていきます。面は柔らかな歯触りながらコシがあり、胡椒の効いたチャーシューが味にアクセントを加えています。やさしい味のラーメンでした。

 次に看板メニューらしい焼きギョーズを注文します。種類はニラと白菜のふたつ。2種類を味わいたい人のために、半分ずつセットされたメニューもあります。大きさは福岡で一般的に食べられている一口サイズではなく、いわゆる通常の大きさです。皮は薄いのですが、もっちり感たっぷり。そして、肉とニラ(白菜)だけのシンプルに餡は懐かしい、家庭の味がしました。

 そして、この店の隠れ看板メニューが「九州こだわり焼酎500円」。なんと、「魔王」「村尾」「萬膳」が、この値段で飲めます。飲み屋さんではないので、21:00頃には閉まってしまいますが、安い値段で味わいたい方は早めの時間にどうぞ。

お店は西橘通りから路地に入ったところにある。
 さて、「ぶたまん」です。どうにも疑問が消えないので、お店の人に聞いてみました。
「元々は来々軒。いまはやっていないけれど、以前は『ぶたまん』が人気のお店で、お客さんの間で『今日はぶたまん食べに行こう』と言えば、うちのお店ということになって。それで、お店の名前を変えてしまったんです」。
 なるほど納得。でも、店の名前を変えてしまったという「ぶたまん」を食べられなくなってしまったのは残念でした。

とき卵に麺つゆを入れて食べるのが五味八珍のスタイル。

 さて、2件目のチャレンジが「五味八珍」。宮崎では「釜あげうどん」も名物のひとつですが、その専門店です。以前、安住神一郎アナ(TBS)が、店名は明かせないとしながら、とき卵で食べる「釜あげうどん」のお店を紹介していたのを見ていたのですが、縄暖簾の様子から、ここだと確信して暖簾をくぐりました。もちろん、ぴったんこカンカン(笑)。おいしく頂いてきました。

食べ方は、こちらのマニュアルに従って。
店の前の柳と、縄暖簾が目印。
 お店は調理場を丸く囲むカウンターのみ。一杯ひっかけてから入ったのですが、飲んだ後のお客さんで満員でした。メニューの裏に書かれている食べ方に従って、まずは卵を猪口に割り入れ、たっぷりのネギとワサビを入れて混ぜ合わせます。次に徳利に入った麺つゆをお好みで足して準備完了です。

 まずは麺つゆを少なめにして一気に喉に流し込みます。卵のまろやかさが口に広がって美味。卵好きな人にはたまらない味です。そして、卵が少なくなったら、麺つゆを足して普通の釜あげうどんとして残った麺を片付けて、最後は、残った麺つゆにゆで汁を足して飲み干します。1度で3度おいしいうどん。安住アナが紹介するだけのことはありました。

 そして、今回の宮崎遠征で最大(?)のチャレンジが、○八ホルモン。ホルモン好きの私がはどうしても行きたかったお店です。ただし、あまりにB級ですし、わざわざ宮崎にやってきてまだホルモンか?ということもあり、取材仲間を誘うわけにはいかず(汗)、1人で足を運びました。こっちもぴったんこカンカン。予想通りのB級さ加減に大満足でした(笑)。

 店の中は、お金がなかった学生の頃に通ったお店そのまま。殺風景なカウンターと、無造作に置かれた七輪が懐かしい。ほとんどが500円以下というメニューも呑み助にはたまりません。この店のホルモンは豚がメイン。福岡でホルモンと言えば牛が中心ですが、関東圏ではホルモンは豚が中心。東京の生活が長く、豚のホルモンが恋しかった私にとっては最高のお店でした。ちなみに、福岡進出も考えているんだそうです。

 そして、この店で初体験したのが「金霧島」。その名の通り色は金色。黒霧島と冬虫夏草の出会いによって生まれた焼酎だそうです。なかなかの美味。黒霧島を300円で出している○八ホルモンでさえ800円の値が付いていましたが、機会があったら、ぜひ、ご賞味あれ。

宮崎一安いと思われる「○八ホルモン」。親父にはうれしい店。 ○八ホルモンの店内。この雰囲気こそ、ホルモン屋。 初めての経験「金霧島」。おいしかったです。




コメント

いいなー

いやー。なんと言いますか、ぜいたくな,うらやましい限りです。宮崎がもっと近くであったならば、ぜひ寄ってみたいと思わせます。なんとなく、なつかしーなー、いいなー。ぎょうざと焼酎たまらないなー。

>ガンレクマン さんへ

宮崎キャンプ取材は今年で5回目になりますが、慣れてくると、地鶏よりも、地元の方が行くような普通の店に興味が移り、今年は、そういうお店を何件か選んで覗いてきました。「ぶたまん」に行ったのは昼食で、次に仕事か控えていたので焼酎は飲めませんでしたが、来年は(汗)、ギョーズと焼酎を楽しみたいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。