「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教訓を力に変えられるか

開幕までは1週間。福岡は最後の調整にとりかかる。

 J1上位チームとの差を見せつけられたな、それが大分戦の率直な感想です(出場メンバー、結果の詳細についてはアビスパ福岡公式HPをご覧ください)。それでも、攻撃の部分ではいくつかのいい形を作ることもできました。「ボールの動かし方とか、相手のDFラインの突破のところでいい面が見えた。ボランチの部分では、ウェリントンもよくボールに触っていて改善が見られたと思う」とは篠田義之監督。立ち上がりの時間帯は、最終ラインでつないだボールを中盤に預けて起点をつくり、そこから大きく展開するという、福岡が目指す攻撃の形を見ることができました。

 ただし、それが長く続かないのが現時点の課題。落ち着いていたように見えた守備も、時間の経過とともに、アプローチのスピード不足が目立ち、ファーストディフェンダーが曖昧になり、簡単に楔のボールを入れられるシーンが目立つようになります。大分は、家長がトップ下に構え、ウェズレイ、高松の3人で出たり、入ったりしながらボールを動かしていましたが、トップ下の選手を捕まえ切れないために、時間の経過とともに大分に自由にボールを回されてしまいました。

大分との対戦で明らかになったボランチの課題を、どう修正するか。それがシーズンのカギを握る。
大分サポーターも、福岡サポーターも、大勢が駆け付けたトレーニングマッチ。今シーズンへの期待の大きさが感じられた。
 また、いい形を見せた攻撃も、その回数自体は少なく、出しどころを見つけられずに難しいところへボールを出して奪われるという悪循環が続くようになっていきます。これでは、自分たちのリズムをキープすることはできません。思うようにならない時間帯が続くことで、やがて集中力も薄れていき、特に攻守にわたって連動性を欠いた2本目は、大分を慌てさせることすらできませんでした。

 やはり問題はボランチが機能しないところにあるようです。「ボールをいい形でビルドアップする回数が少なく、詰まって、詰まって悪い所に出して奪われる時間帯が多い。ボランチが最終ラインからもらって展開して、もう一度、中盤や、FWからの楔をもらってさらに展開する形が連続してできるようになれば、ジャンボ(大久保)や泰(高橋)のところにいいボールが配給できるようになるのではないか」と田中誠は話します。

 さて、そうした課題を踏まえて、福岡は残された1週間でチームを仕上げることになります。
「目標は昇格。開幕の富山戦にすべてを出す準備をしなければいけない。今日の試合も大事だけれども、開幕の富山戦がもっと重要。この1週間で気分を高め、それを開幕戦に持っていく作業をすることが自分の仕事」(篠田監督)。
 おそらく今シーズンで最も重要な1週間。福岡は、この日得た教訓を力に変えるべく、最後の準備に取り掛かります。

コメント

家永→家長

コメントありがとうございました。

人命を間違う歩と゛失礼なことはありません。深く反省しています。
ご指摘、ありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。