「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分戦を控えて

安定したプレーで最終ラインをまとめあげる田中誠。

 28日の大分戦を控えた前日トレーニングは、シーズン中同様に軽めのメニュー。体を温めてボール回しをした後は、全員参加のミニゲームを行って締めくくりました。実戦を意識したというよりも、体を動かすことと、リラックスすることが目的。GKをフィールドプレーヤーが務めるミニゲームでは、随所に激しいプレーがありながらも、笑い声が響く和やかなものでした。そして、それぞれのコンディションに合わせて自主練習を行い、大分へと移動しました。

 大分との試合は、開幕を1週間後に控えた最後のトレーニングマッチ。福岡にとっても、大分にとっても、シーズンインに向けて重要な試合になります。何かを試すというよりも、チームがどこまで仕上がっているかの最終チェックの場。ポジション争いの当落線上にいる選手にとっては、この試合の内容次第で立ち位置が決まることもあり、キャンプ中とは違った真剣勝負の場です。「勝負にこだわる」と篠田善之監督も話しており、激しい試合になりそうです。

ミニゲームで汗を流し、大分戦に備えるアビスパイレブン。
ここへきて体が切れてきた長野聡。開幕スタメンに向けてのアピールは続く。
 その試合で最も注目したいのは、福岡の守備がJ1の大分相手にどこまで通用するかということです。

「大切なのは4枚のDFラインと2枚のボランチの関係。90分間通してバランスを保つのは難しい面もあるが、そういう時は後ろからコーチングして修正していければいい。今までの試合で出た課題を少なくできればと思う」(田中誠)。長いリーグ戦を勝ち抜くには守備の安定が欠かせません。

 最大のポイントはボランチのバランス。いま現在、福岡が抱えている最大の課題でもあります。言葉の問題があるウェリントンは、サッカーセンス、技術、フィジカル等に問題はなく、試合を重ねることでフィットしてくると思いますが、鍵を握るのは、ウェリントンとコンビを組むことが予想される城後寿。個々のプレーというよりも、チーム全体を見渡してのプレーに物足りなさが残ります。大分戦で、どこまで修正できているか。リーグ戦を占う重要なポイントです。

 そして、ナビスコ杯優勝、リーグ戦4位の実績を誇る大分は、福岡にとっては難しい相手。しかし、開幕前に厳しい試合を経験できることを考えれば願ってもない相手です。
「大分はシャムスカ監督になってチームが成熟している。そういうチームに対して、どうやって守り、どうやって攻めるかという形が出せればJ2では問題なくやれる。明日は開幕前の最後の試合なので、みんなで集中してやって、いい内容、いい結果で追われるようにしたい」(田中誠)
 さて、開幕前最後のトレーニングマッチで、福岡はどんな姿を見せてくれるのでしょうか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。