「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今シーズン初めての公式戦

今シーズン初の公式戦に向けて準備を積むアビスパ福岡。

 誘われると絶対断らない性格が災いして飲んだくれていたため、ブログの更新が滞っていましたので、まとめて4日分を更新しています(汗)。

 さて、今日は「第13回北九州市長杯争奪 北九州招待サッカー大会」の初日。今シーズン最初の公式戦になります。第8回大会からJリーグが後援として名を連ねるようになったこともあり、今大会の模様はJ's GOALでも取り上げてくれることになりました。ちなみにプレビューはこちらです。どのチームも、まだ最初の準備段階であるため、今年も主たる目的は選手の特徴や相性を確認することになりそうですが、逆に言えば、見る側にとってはチームのペースや是軟体像を知る手かがりになる試合。非常に興味深い大会になると思っています。

 そういう状況の中で、福岡のチームとしての狙いを篠田監督は次のように話しています。「もちろん勝負にはこだわってやってもらいますけれども、選手の特徴や組み合わせをチェックするのが目的。昨日紅白戦を始めてやった段階なので慌ててはいない。ゲームをやっていく中で、いろいろと修正が出てくると思うので、そういう機会にしたいと思っている。加えて、チーム内での競争を高めたいというのもあるので、選手たちにはいいパフォーマンスを出してくれと伝えてある」

 4チームによるトーナメント戦で行われ、且つ3位決定戦が行われる大会では、いずれにせよ2日間で2試合を戦う必要がありますが、まだ全員が横一線ということと、フィジカル的な負担を考慮して、福岡は2チームを編成して臨む予定。それぞれシャッフルした状態で、それぞれの選手の頑張り具合を見ることになります。島原キャンプでも徹底されていましたが、与えられた状況の中で、自分の力をどこまで出し切れるかというのも新チームのテーマのひとつ。がんばりきれる選手が生き残るということだと思います。

 新加入の高橋泰がどんなプレーを見せるのか。田中誠がDFラインをどうやってコントロールするのか等、注目点はいくつかありますが、個人的に楽しみにしているひとつは、始動日からコンディションの良さを窺わせている黒部光昭のプレー。大久保哲哉と高橋泰が組む2トップが他チームにとって脅威であることは間違いありませんが、福岡の攻撃力が本物になるためには、そこへ黒部が割って入ること必要だと感じているからです。試合の中でいいパフォーマンスを見せてほしいものです。

 そしてもうひとつは、今シーズンの福岡のカギを握るだあろう城後寿のプレー。「自分としては、去年はあんまりボールに触る機会がなかったので、たくさんボールに触ってゲームを作るプレーができればいいなと思う。去年は消えてる時間が多かった。ボランチがゲームを作らないと厳しいものがあるので、自分を経由して、FWやサイドに充てることができれば一番いい。誰と組んでもボランチのバランスを注意してやりたい」

 さて、今シーズン初の公式戦は間もなく。どんなプレーが見られるか楽しみに本城へ出かけようと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。