「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島原B級グルメの旅

島原での最終日はホテルで1人打ち上げ。酒の肴は地元食材ばかりを集めてみました。

 さて、取材遠征と言えば美味いもの(汗)。島原でもそれなりに食べてきました。そのうち、今日はB級グルメ編です。写真は島原でのトレーニングが終了した31日の晩に、ホテルで1人打ち上げをしたときのもの。本来なら、島原の夜の街を徘徊して、気に入った店を物色したかったのですが、少々、予算がオーバーしてしまったために、ひっそりと、しかしグイグイと、ホテルで芋焼酎のお湯割りを飲んでいました。まあ、店で飲もうと、部屋で飲もうと、仕事が終わった後の一杯は格別なものです。

 しかし、部屋で飲むからと言って、ただ適当に酒の肴をそろえたわけではありません。まず写真左の皿に乗っているのは、商店街で見つけた自家製蒲鉾のお店で買った「白身のすり身フライ」「いわしボール」「おからコロッケ」。それと右側の焼き鳥も、商店街の精肉店で焼いてもらったもの。真っ赤に熟れたトマトは、一番街アーケードに直販店を出している農家の方から買ったもので、大人の握りこぶしよりも大ぶりなものです。いずれも地元の食材を使った、いわば地の物(汗)。一応、島原にこだわってみました(笑)。

自家製蒲鉾の店「島原っ子」る店内では定職も食べられる。
ずらりと並んだできたての蒲鉾ほか。安いうえに美味いとあってね昼前から飛ぶように売れていく。
 すり身フライ等々を手に入れたのは一番街アーケードの中にある「本造り 島原っ子」。朝早くから店の前にテーブルを並べて作りたての各種蒲鉾を販売しています。近くのご年配の方たちに人気のお店で、お昼前から飛ぶように売れていきます。

 すり身フライは、ほんのりと甘みがあって美味。いわしボールは臭みがなく、それでいて鰯の香りと味が十分に堪能できます。おからコロッケはおからの味でした(笑)。そして何より安いのがいい。いずれも平天なら3枚100円。すり身フライは1個60円。一番高いものでも100円を超えるものはありませんでした。

 焼き鳥を仕入れたのは「肉のいわなが」。肉を切り分ける作業場の隣で丁寧に焼いてくれます。基本的にたれ焼き。鳥、豚なら高いもので150円。肉専門店ならではの低価格と美味さが売りの店で、私が買いに行った時も、買い物帰りのお母さんが、もう一品のおかずとして買っていく姿が見られました。少々、時間はかかりますが、焼きたての熱々を渡してくれるのもうれしいお店です。

 そして、農家の直販店で仕入れたゲンコツよりも大きいトマトは2個で200円。いまどきの甘く、フルーティなトマトではなく、昔懐かしいトマトの味がしました。形が少々いびつなのは、規格外で市場におろせなかったからだと思いますが、味は全く問題ありません。そのほかの野菜も100円台が中心。高いものでも、せいぜい200円台でした。ホテル住まいでなかったら、もっと買いたかったなあ。

 ただ、これだけではB級グルメとしてインパクトに欠けます。そこで、あることを実行しました・・・。

こちらは「肉のいわなが」。焼き鳥を焼く香ばしい匂いが食欲を誘う。 見るからに美味しそうな焼き鳥の数々。 こちらは商店街で唯一若者が集まる「Full Full」。トロピカルドリンクをはじめ、飲み物が人気。

0902038_.jpg

 島原と言えば温泉の町。湧水同様、あちこちに温泉が湧いています。しかも、ここの温泉は飲むことができます。そして、ブラブラと歩いていると製麺所を発見。こちらでは、その日に作った面を1玉から売ってくれると軒先に書かれています。飲める温泉。今朝作ったばかりのうどん。やることは決まりました。さっそくうどんと、うどんつゆを購入。そして100均ショップでどんぶりと割り箸を手に入れて温泉場を目指しました。

0902039_.jpg
09020310.jpg
 まずはうどんを丼へ。そこへ温泉を注ぎ、うどんつゆをとかし、スーパーで買ってきた玉ねぎ天を乗せて天ぷらうどんの出来上がり。さっそく、勢いよくうどんを喉の奥に流し込みます。さすがは朝作ったばかりのうどん。するすると入っていきます。

 島原の温泉は、冷めたお湯よりも冷たく、ぬるくなった水よりも暖かい程度の温度。うどんとうどんつゆをいれたらすっかり冷たくなってしまって、いわゆる「冷や冷や」うどんになってしまいましたが、それなりに美味。いやあ、やってみるものです。湧水を練りこんだ、もっちりした食感のやや太めの麺の食感も最高でした。

 でも、島原でB級グルメばかりを堪能していたわけではありません。地元のおいしいものも、もちろん食べてきました。その話はまた後ほど。

コメント

下町B級グルメいいですね~。
島原に行ったときにはゼヒ立ち寄りたいものです。
それもお持ち帰りできるとは嬉しい!!

お持ち帰りグルメのポイントは冷めても美味いかどうかですね。
数年前に大阪鶴橋のコリアンタウンで買ったチヂミは冷めても美味かった!!
冷めても美味いコロッケにはなかなかお目にかかれないなあ。

>全開! さんへ

いつもコメントありがとうございます。
B級グルメのほか、もちろん、島原名物も食べてきました。そちらについても、近日中にアップする予定です。よろしかったら、そちらもお楽しみください。

コロッケと言えば・・・
小学校高学年の頃、東京の下町に住んでいたことがあり、毎週日曜日になると、近所のおじさんに連れられて荒川河川敷で野球をし、その帰り道にある肉屋さんで、揚げたてのコロッケを買って食べていたことを思い出します。カレーコロッケ5円。サクサクで、カレー風味が口いっぱいに広がるコロッケは、どんな御馳走よりもおいしく感じたものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。