「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も元気だ。気合は十分 (福岡・島原キャンプ6日目)

ゲーム形式のトレーニングで激しく競り合う大山(左)と釘崎(右)

 神山選手の帰福がリリースされました。キャンプ初日から別メニューでの調整で、それも非常に軽いものでしたので気になっていたのですが、心配が現実のものになってしまいました。昨年は本人にとって非常に不本意なシーズンでしたから、今年こそはの思いがあるでしょうが、焦らずにゆっくりと調整してほしいと思っています。まずは再検査とのことですが、症状が重大なものでないことを願っています。

 さて、キャンプも6日目。取材している身にも疲労とストレスが溜まってきました(汗)。ただ見ているだけでも疲れるのですから、選手たちの体にたまる疲労はかなりのもののはず。それでも、この日も変わらない元気な姿でトレーニングに励んでいました。改めて、いい形でキャンプが進んでいることが実感されます。今年に勝負を掛けている全選手の意気込みに加え、先日も書いたように、密度を上げて短時間に凝縮されたトレーニングメニューが、選手たちの集中力を高めることになっているように思います。

ボールを使ったトレーニングは思わず力が入る。
今シーズンに復活をかける黒部。コンディションは上々。
「午後から雨」の予報のこの日は、急遽、午後と午前中のメニューを入れ替えて行われました。まずは島原市営陸上競技場でのボールを使ったトレーニングから。ウォーミングアップ、パス回し、シュート練習、ゲーム形式と進み、最後はミニゲームで終了しました。時間にして2時間半。このキャンプで最も長いトレーニングになりました。

その中で存在感を見せたのが高橋泰。ゆったりとしたリズムから瞬時にトップスピードに入り、ゴール前のスペースへ飛び込んでいく姿はさすがはストライカー。ゴールの嗅覚の鋭さが随所に窺えます。

 午後は場所を移して島原復興アリーナへ。まずはメデジンボールやバランスボールを使って体幹を鍛えるトレーニングから始まりました。一見すると軽そうに見えても、ポイントにはしっかりと負荷が掛けられたメニューは結構きついものですが、選手たちは、時折笑顔を見せながらリラックスした中でメニューを消化していきます。

 そして、この日の最後はフットバレー。ジュニアユース、ユース、トップチームと各2チームずつ、計6チームを作って各カテゴリー同士で対戦。勝てばひとつ上のカテゴリーへ、負ければひとつ下のカテゴリーへ昇降格するというルールで行われました。勝負がかかるとなれば目の色が変わるのがプロ選手の本能です。際どい判定をめぐって審判を務めるスタッフを囲んで激しく抗議するシーンも(笑)。このキャンプの中で最も盛り上がった時間だったかも知れません。

先輩・後輩対決。ポジションも同じ。負けるわけには行かない。 午後は体幹系のトレーニング。 最後のメニューはフットバレー。このキャンプで一番盛り上がった?





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。