「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元福岡のために

福岡のためにがんばれる選手。それが2人の目標

 今年、新たにプロの世界に足を踏み入れたのが山口和樹(写真左・福岡大学)と、笠川永太(写真右・アビスパU-18)の2人。山口は福大在学時にアビスパとのトレーニングマッチで何度も雁の巣球技場でプレーしていますし、笠川はアビスパU-18の正GKで、昨年のキャンプに参加したほか、トップチームの練習参加もしていましたから、アビスパサポーターの中には、2人をよく知っている方も多いと思います。プロになるという夢を実現させた喜びと、競争の世界で勝ち抜く厳しさを噛みしめながら、体を鍛える日々が続いています。

 山口は物腰の柔らかな好青年というのが第一印象。しかし、プレーはあくまでもアグレッシブ。大学時代は無類の強さを見せるヘディングと、アグレッシブさを前面に押し出す激しい守備がウリのCB。新加入選手発表会見では、田部GMに「高校・大学を通して警告や退場が多かったと聞いているが、そういったファイターというか、戦う選手が欲しかった」と紹介されていました。本人も、「気持で負けてしまったら自分という選手は終わり」と話します。

 そして、慣れないインタビューにボソボソと答える姿は、まだ高校を出たばかりだなと感じさせる笠川。それでも、時折見せる鋭い視線が印象的です。昨年は2度にわたる怪我で満足のいくシーズンを過ごせませんでしたが、その分を取り戻し、自らの実力を伸ばすために、今年は自分のすべてを出し切ることが目標。出し切った後の自分の姿を見てみたいと話します。昨年のキャンプでは、将来は代表になる可能性を持っていると藤川コーチに言わせた逸材。将来が嘱望される楽しみな選手です。

 2人に共通するのは、ともに福岡出身の選手であること。そして、地元のチームでプロとしてプレーすることに強く意義を感じていることです。自己紹介する時に、必ず「福岡生まれ、福岡育ちの博多っ子」と話す山口の目標は、福岡を活気付けられるような、福岡のために頑張れる選手になること。そして笠川は、ジュニアユース時代から所属しているアビスパでプロになれたことはもちろん、とにもかくにも、地元のチームでプロになったことを強く意識していると話します。

 そして、明日からは2人にとってはプロ選手として初めてのキャンプが始まります。「15日以降、フィジカルのベースの部分を作ってきた。島原キャンプでは、それを高めることが目的。本人が限界と感じてから、さらにどこまで動けるか、そこからもうひと頑張りできるか、そういうフィジカルを求めたい」と話す藤野コーチのトレーニングメニューは、そうとう厳しいことが予想されます。その中で、プロとしてどこまで自分を追い込めるのか。2人の動きに注目したいと思います。

コメント

田部GMが新加入選手発表会見で山口選手を紹介したこのコメント↓について。

>「高校・大学を通して警告や退場が多かったと聞いているが、そういったファイターというか、戦う選手が欲しかった」


山口選手のセールスポイントは、
「闘志あふれるプレー」
とか、
「大学ではムードメーカーだったと聞いている」
とか言えば良いのであって、わざわざ公の場で警告や退場が多いと強調するなんて、配慮に欠けていると思います。
アビスパは2シーズン連続でJリーグ加盟全クラブ中最高額タイの反則金を納めているというのに。

この発言で、アビスパはGM自らが闘志とラフプレーを混同していると受け取られかねませんし、デビュー前から山口選手にカードコレクターというイメージを付けてしまうおそれもあります。
田部氏にはもっと自分の立場を自覚して、よく考えてものを言ってほしいものです。

>cap@創難駄クリキンディーズ さんへ

貴重なご意見ありがとうございました。
また、レスが大変遅れてしまい申し訳なく思っています。

ご指摘の趣旨については理解いたしました。ありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。