「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れた頃に大阪グルメ その2「串かつ」

串かつとホッピーで至福のときを

 忘れた頃に大阪グルメ第2弾。写真を整理していると、食べ物を撮っているのは大阪がほとんど。気づかないうちに大阪の食文化に強く惹かれているのかもしれません(笑)。「安くて旨い」というのが何よりのポイント。高くて旨いのは当たり前だし、安くておいしくないのも当たり前。気取らず、安く、かつ旨い。やはり、食べ物は、この三拍子が揃っているのが一番ですね。そういう意味では、大阪の右に出るところは少ないかもしれません。

 さて、写真はなでしこジャパンvs.アメリカ女子代表戦取材の翌日に立ち寄った新世界での1枚。やはり大阪と言えば「串かつ」です。いかにもという串かつ屋は他にもありましたが、初めての経験で、しかも1人ということもあって、まずは居酒屋仕立ての入りやすい店をチョイス。暖簾をくぐってカウンターに座ると、まずは「どて焼き」とサービスのキャベツを肴にホッピーでのどを潤しながら、串かつが出来上がるのを待ちます。

 運ばれてきたのは写真の串かつ10本セット。熱々のところを「二度づけ厳禁」と書かれた注意書きを確認してからソースの入ったステンレス製の缶の中へ串かつを浸します。たっぷりとソースをしみ込ませてから口の中へ。口に広がるソースの甘みと油と具のジューシーな味。そしてホッピーをグイと流し込みます。いやあ、「至福の時」とはこのことを言うのでしょう。仕事も面倒くさいことも忘れて1人で飲む酒は最高です。それにしても、昼に飲む酒というのは本当に旨いものですね。

 ところで、ホッピーという名前は聞きなれない方もいらっしゃるでしょうが、1948年に東京・赤坂で製造販売が開始された元祖・ビアテイストの清涼飲料のこと。飲み屋では、これを焼酎で割ったものを「ホッピー」と呼びます。ビール味で、しかもビールよりも早く酔っ払える。かつてはビールよりもはるかに安かったので、安酒場ではポピュラーな飲み物でした。最近では置いている店は珍しくなったようです。ホッピーが大好きな私には残念なことでありますが。

 どて焼き(2本)、串かつセット(10本)、ホッピー(2杯)で、しめて2111円。味にも、値段にも大満足の大阪の休日でした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。