「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後は笑顔で

081229_最後は笑顔で

 フィナーレを最高の形で締めくくることは出来ませんでした。残念ながら、準決勝では自分たちの力を余すことなく発揮するというわけにも行きませんでした。けれど、素晴らしい戦いをしてくれたと思います。チームスタッフ・選手たちは、廃部という決定の中で悩み、不安を抱え、ぶつけようのない思いを抱えていたはずです。その中で見つけた、仲間とともにひとつになって全力を尽くすという気持ち。選手たちは、その気持ちに正直に最後まで戦い、チームを支える人たちは、最後までチームを見つめ続けてくれました。

「いろんな人たちが、いろんな気持ちを持ちながら、でも、みんながひとつになったからやれたと思います。私はいつも1人じゃないと思ってサッカーをしてきました。TASAKIの歴史が終わって淋しいですけれども、みんなも同じ気持ちで最後までやっくれたと思います。ここまで来ると、サッカーが好きだからやっていたのか、みんなが好きだからやっていたのか自分の中でも分からなくなってしまいました。でも、仲間という割合が本当に大きかったと改めて感じています」(池田浩美)。

 この日の試合は、INACの素早く、そして激しいプレッシャーに立ち上がりから自陣に押し込まれる展開。何とか粘っていましたが、前へ出るパワーを奪われた中では、思うような試合運びが出来ませんでした。14分にはゴールキックのミスから奪われたボールをプレチーニャに決められ、44分にはクロス気味のボールがゴールに吸い込まれるというアンラッキーにゴールを喫してしまいました。無失点で長い時間を凌ぎたかったTASAKIにすれば、この2失点が全てでした。

 TASAKIらしくないミスが出たり、TASAKIらしくない失点シーンがあったのは、彼女たちに様々な思いがのしかかっていたからでしょう。そのプレーのひとつ、ひとつは仕方がなかったと思います。それでも、前半のロスタイムに記録した山本絵美の追撃弾や、3失点目を奪われて試合がほぼ決まってしまったあとも、粘り強くゴールを目指し、終了間際には最後は下小鶴綾を前線に上げてゴールを奪いに行ったことなど、最後まで諦めずに走るTASAKIのサッカーを見せてくれました。

 試合直後は涙を見せる選手もいましたが、「最後は笑顔で」というキャッチフレーズどおり、サポーターが用意してくれた弾幕の前で笑顔で記念撮影をして、TASAKIの20年の歴史に幕を下ろしました。廃部が決まってからこの日まで、チーム関係者が過ごした濃密な時間は、これまで過ごした人生の中で最も重たかった時間だったに違いありません。今はただ、その時間を過ごすことで見つけた何かが、チーム関係者のこれからの人生の大きな糧になることを願ってやみません。さようなら。ありがとう。そしてまた、どこかのスタジアムで会えることを願っています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。