「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TASAKIベスト4へ。有終の美まであと2つ

私たちのサッカーはまだ終わらない

「魂の戦い」。そんな言葉がぴったりの試合でした。TASAKIの特長である全員の高い守備意識と、どこまでも頑張り抜くサッカーが余すことなく発揮された試合。TASAKIの歴史の中でベストゲームの一つに数えられる試合だったと思います。負ければTASAKIの歴史が終わってしまうという不安とプレッシャーの中での戦いですが、選手たちはもちろん、ベンチも、スタッフも、OGの面々も、そしてTASAKIを支えるすべての人たちが、心をひとつにし、自分たちの力のすべてを出すことだけに集中した結果でした。

 試合は裏のスペースを狙って攻撃的に出る浦和と、高い位置からのプレッシングで浦和の攻撃をつぶそうとするTASAKIが真っ向からぶつかり合う展開。立ち上がりは浦和が効果的に裏のスペースを突く展開が続きます。しかし7分、決まったかと思われた浦和のシュートをゴールライン手前で池田宏美がスーパークリア。これがチームに勇気を与えました。ここからはTASAKIがゲームをコントロールする展開へと変わります。

 高い位置からのプレッシャーで浦和のパスワークを封じたTASAKIは、ラインを細かく上下動させて浦和の裏を狙うプレーも巧みにコントロール。そして、マイボールは大谷未央、坂口夢穂、山本絵美らに預けて全体をプッシュアップし、ゾーンをコンパクトに保って浦和に攻撃するスペースを与えません。そして25分には坂口からのラストパスを大石沙弥香が押し込んで先制。浦和を裏狙いの単調なサッカーに陥れて前半を終えました。

 そして圧巻だったのが後半の戦い方。攻撃力を誇る浦和に対し、守りを固めるのではなく、さらに高い位置からのプレッシングを仕掛けることで抑え込みにかかります。FWが最前線から激しくプレッシャーをかけ、それに続いて1人、また1人とボールに襲い掛かります。ボールをキープするのは浦和。しかし、1人をかわしても、次から次へと、人が湧き出てくるようにボールに喰らいつくTASAKIの迫力に、さすがの浦和もタジタジとするシーンが続きます。

 残り10分を切ってから、ようやく浦和がTASAKIゴール前に迫るシーンが続きますが、ここでもTASAKIの前へ出る気持ちは衰えず。シュートに体を投げだし、常に数的優位を保って1点のリードを守り切りました。「耐え抜いた勝利」というフレーズで、この日の試合を報じた紙面もありますが、耐えたというよりは、前からの守備で相手の攻撃を封じ込めたというのが正解。見事な勝ちっぷりでした。「あと2つ。自分たちのサッカーをやりきって、さよならは国立で笑顔でしたい」(山本)。その視線に迷いは全くないように見えました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。