「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

申告は素早く正確に 香川うどん巡礼5

ここでもかけ(小)を注文。ややもたれてきた胃にも優しい味

 さて、忘れた頃にやってくる「香川うどん巡礼」です(笑)。朝7:00過ぎにココから始まったうどん巡礼は、4軒を食べ終わってもまだ9:00過ぎ。自慢の胃袋も消化作業が間に合わず、お腹はパンパンになっています。このままでは予定の5軒目は制覇することが難しいので、近所にある、国の特別名勝に指定されている栗林公園へ寄り道。絶景と空間、そして多くの緑を楽しみながら、約2時間ほど歩きまわって胃の中を軽くします。さて、いよいよ本日最後の目的地へと向かいます。

 栗林公園から地図を片手に約10分。やってきたのは「上原屋本店」ここはセルフ店には珍しく夕方まで営業。人気店と聞いていましたが、たどり着くとやはり行列ができていました。しかし、そこはセルフうどん店。非常に回転が速く、並んで待つ時間にもストレスを感じることはありません。そしてほどなく厨房の前へ。かけ(小)を注文すると、おばちゃんがうどん玉の入った丼を渡してくれます。

すぐそばにある栗林公園を2時間ほど散策してカロリーを消費してから、お店へ
人気店だけあって満員。でも、回転が速いので、すぐに食べられる
 すでに5軒目の訪問となった私は、迷うことなく厨房の前でシャカシャカ。そしてタンクの蛇口をひねって、どんぶりに並々と出汁を注ぎます。そして、ネギ、天かすを入れて出来上がりです。

 目の前に並ぶてんぷらの数々がとても美味しそうでしたが、さすがにこれは胃が受け付けず。あっさりと「かけうどん」のまま食べることを選んで精算を・・・。あれっ。レジの在処が不明。しかも、みんなお金を払わないまま席へつきます。いいのかなあと思いつつ、私も席へ着いてうどんを喉に流し込みます。

 ここのうどんの特徴は、まず出汁にあります。香川のうどんの出汁はどこも色が薄く透き通っているのですが、ここはほとんど色が付いていないのじゃないかと思うほど透き通っています。それでいて、魚でとったコクのある濃い出汁の味が楽しめます。そしてうどんは、つやのある上品な出来上がりです。やや角ばった麺は一見すると肩層にも感じますが、口に入れればやさしい弾力。すでに4杯分のうどんが入っている私の胃の中にも、するすると入っていきます。美味いなあ。

 さて、行列のできる店では、食べ終わったらサッサと退散するのがルール。食べ終わった他のお客さんの後についていって器を下げます。しかし、お勘定はまだ。すると、食べ終わった器を受け取りながら、おばちゃんが何を食べたか尋ねています。なるほど、そういうシステムなのかと納得して自己申告。200円を払ってお店を後にしました。自己申告で成り立っているシステムに、なんだか優しい気持ちになりました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。