「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足りないもの

サポーターは勝利を願っているが・・・

 FC東京都のナビスコカップ最終戦はさびしい試合になってしまいました。既に予選リーグでの敗退が決まっていましたが、チームにとっては公式戦という実戦の場で自分達のサッカーを突き詰める大事な機会。しかも、すっきりした形で中断を迎えるためにも勝たなければいけない試合でした。しかし、選手達は戦えませんでした。引き分けという結果よりも、とことん勝利を追及する姿勢を見せてくれないことに、とてつもない寂しさを感じました。

 FWの力不足が、ここまでの苦戦の主たる原因であることは変わりありません。しかし、それも、現在の選手達が自分たちの力をフルに発揮することを前提にしてのことです。アビスパ福岡はプロのチームであること、とにかく勝てていないということ、精一杯声援を送り続けるサポーターがいること、そういったことを考えれば、昨日の試合は立ち上がりからフルパワーで戦わなければいけない試合でした。もう十分、尻に火が付いているのですから。

 ここまで何度も言われているように、福岡のサッカーはJ1で十分に通用するものだと思います。けれど、結果が出ていないという事実は、何かが足りないことも意味しています。それはFWの力不足とチームとしてのメンタリティの弱さです。そして、補強に現場は手が出せませんが、メンタル面での強化や準備は自分たちで取り組めることでもあります。にも拘らず、大事な試合や、勝負所では必ずといっていいほど顔をだすメンタルの弱さ。それが何年も続くことにむなしささえ覚えます。

 必要なのは自分の中での精一杯の強さではなく、相手を上回る強さ。それはJ1に対するこだわりの強さと言い換えてもいいと思います。相手を上回るこだわりがあるのなら、もっと、もっと、自分たちを追い込めるはず。それが出来ないのならば、こだわりが相手と比べて弱いと言わざるを得ません。いま、1人、1人のこだわりの強さが試されています。2ヶ月間で、それをどう表現できるのか。今シーズンの全てはここで決まります。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

今日発売のサッカ新聞エルゴラッソには、単なる消化試合だったと評されてした。スタジアムまで足を運んでくれたサポーター達にはかわいそうだと思います

本当に情けない試合でした。何をしたいのか、何を目指しているのか、そういうものが全く見られない試合でした。
この試合で戦える姿を見せられれば、松田監督の解任はなかったのかもしれません。とても、再開後に希望が持てるような戦いぶりではありませんでしたから。
何時になったら、コンスタントに戦えるチームになるのでしょうね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。