「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「終わりの日」と「始まりの日」

081027_可能性が消えた日

 クラブとしての力が足りなかった。強くそう感じています。そして、福岡はJ2中位のチームになったのだという現実を深く受け止めています。決して自分たちを卑下することも、恥ずかしく思うこともありません。チームが頑張ったことも間違いありません。ただ、結果として、2年間に渡って低迷し、昇格争いに絡むことなくシーズンを終えたという現実を客観的に受け止めることが、新たなスタートには必要だと感じています。悔しいけれど、そこからだと思います。

 この日の試合は、最近の試合を象徴するような試合でした。大事な試合でありながら立ち上がりが悪く、試合は水戸のペース。城後寿、中村北斗のボランチが機能しない中盤のバランスの悪さは最悪と言ってよく、水戸に主導権を渡す要因になっていました。そして、後半は福岡のペースながらゴールが奪えず。後半途中からピッチに登場した久藤清一は見事なまでに中盤を立て直してくれましたが、あと一歩が足りずにスコアレスドローで試合を終えてしまいました。

 しかし、「試合終了のホイッスルは、次の試合のキックオフのホイッスル」という言葉があるように、水戸戦の終わりを告げるホイッスルがなった瞬間から、新たな挑戦が始まっています。無駄な試合はひとつもなく、常に目の前の試合が重要な試合ということに少しの変わりもありません。目の前の目標を失ってしまった今、その中で変わらぬ姿勢と気持ちを残り3試合にぶつけられるか。残された3試合と、約1ヶ月半の期間に福岡の真価が問われているのだとと思います

 そして吉田宗弘は話してくれました。「可能性が0になって、残り3試合になったが、だからこそ、積み上げていく姿勢、努力が必要。それを繰り返していかないと、来年のこの時期に同じような状況、結果になってしまう。もう気持ちが切れてしまったんだと他人が見たときに思われるようでは、それはプロとしてあってはならない姿。3連勝するという強い気持ちで臨んで、ひとつでも順位を上げることにこだわる必要がある。未来につながる努力をする、積み上げていくことが大事だと強く感じている」

 現実的に言えば、昇格の可能性がほとんどなくなっていた水戸との戦いにも、全国各地からスタジアムに足を運んだサポーターは最後まで力の限りに声援を送っていました。スタジアムに来れなかった人たちも、同じ気持ちで水戸との試合を見守ってくれていたと思います。そのサポーターとともに、目の前の試合での勝利にこだわって残り3試合を戦うこと。それが全てのはじまりです。「終わりの日」は「始まりの日」。歩みを止めるわけには行きません。

コメント

どのブログをめくっても「あきらめない」とか「信じてる!」とか、「見守っている!」だとかばっかりの福岡サイドのサポータの声。熱い思いはわかるけど、プロとしてのサッカークラブ運営、チーム状況、サポーター・・・それぞれ本質的なところが成り立ってないと感じるのですが・・・。
ほんとに“勝利にこだわって戦え”・・・ば始まるんですか?? なんかこんなことの繰り返しばっかり論じてて、選手はやっていけるんですかね???

とはいえ、我々はどうすることもできないですもんね・・・・。中倉さんも書きようがなくて大変でしょうけど、「がんばって」ください。

はじめまして。

いつもブログを読ませてもらっているSHIMOというものです。

中倉さんのブログはいるも自分の思っていることをズバリ表現されていて、今回コメントさせてもらいました。

松田監督更迭以来アビスパ完全に迷走をしてますね。松田監督時代に蒔いた種。つまり九州を地盤にしたチーム作りは完全に枯れてしまったと思います。(もちろん中には実力の及ばなかった選手もいたと思いますが・・・)


自分は車を走らせ、山形、水戸まで行ってきました。今は関東に住んでいるんでホームでどんな戦いをしているか分かりませんが、今は前半0点に抑えればOKという感じを受けてなりません。水戸も山形もここというときはリスクを犯して飛び出してきてましたよね。


一昨年、国立でFC東京戦で中村北斗の動きに驚嘆したのを覚えていますが、怪我の後はあのアグレッシブさが見られていないと思います。
水戸戦もボランチとしてはボールの散しが雑で、流れの中でボランチの位置に入ったタレイの方が玉際も強く散らしていたと思いました。(逆にタレイの方は右サイドでは脅威とはなってなかったような気が・・・)

長くなって何を伝えたいか分からなくなってしまってすいません。

ただ、福岡は湘南などのようにJ2で中位をうろうろするようなチームにだけはなって欲しくなかったです。

悲しいです。






城後はSTじゃないですか?
北斗はトップ下かCMFじゃないですかね?
ボランチは
柳楽とタレイで安定させたがいいですよ!

開幕前、GMが行なったのは、
これまでのアビスパにはない
補強路線。

集った選手の顔ぶれを見たときに、、
これは昇格間違いないと思ってました。

そんなお気楽な人は、
自分だけと思ってましたが、

開幕戦のびっくりな大観衆!
それはサポーターの
期待のあらわれだったと思ってます。

でも、結果は・・・残念でした。

さて、ストーブリーグという
サッカーファンにとっては、
欠かせないシーズンに突入します。

この冬に、アビスパはサポータに、
解雇、補強をとおして、
どんなメッセージを送るのでしょうか。

中倉です。

みなさん、コメントありがとうございました。
クラブの3連休に合わせて、のんびりとした日々を送ってしまい、レスが遅くなってしまって申し訳ありませんでした。
まとめて、レスせていただきますので、ご了解いただければ幸いです。
--------------------------------------------------------------------------------
>とおりすがり さんへ

アビスパというクラブが、これから発展していくためには、そのあり方、運営方法等々について議論が必要だと考えています。原因が何であるかはともかく、クラブ発足以来、ほぼ同じことを繰り返している事実は、クラブの構造上、運営上、あるいはあり方そのものに問題があることを示しています。様々な問題が、一気に噴出してきた感はありますが、いま、その問題について、根本的なところから改善しなければならない時期に来ているのではないかと感じています。

ただし、残されているリーグ戦を勝利にこだわって戦うというのは、それとは別次元の問題だと私は思います。クラブがどうやって成長していくのかという問題と、チームとして、プロとして、いまやらなければいけない問題。そういう区分けを私はしているつもりです。クラブが問題を抱えていることが、チームの成績に表れていることは確かですが、だからと言って、自分の責任を放棄することはあってはならないことだと思っています。

どれだけのことができるか分かりませんが、クラブとしてどうあるべきかということについは、リーグ戦が終わってから、改めて整理するつもりです。
--------------------------------------------------------------------------------
>SHIMO さんへ

初めまして、そして、コメントありがとうございます。

仰りたいことは強く伝わってきました。みんな、同じような思いを抱えていると思います。
私はいま、おそらく、これからの2か月が、将来のアビスパの方向性を決めると思っています。かつてJ1にいたことがあるという存在になってしまうのか、それとも、J1昇格を目指して戦う、あるいはJ1で戦える存在になるのか。クラブが、あるいは福岡の行政と財界のトップが、その重要性を認識して来年に備えてくれることを祈るばかりです。
--------------------------------------------------------------------------------
>qweaf さんへ

レスが遅れてしまって申し訳ありませんでした。
選手起用については、10人いれば、10人に違う考えがあり、どれもありだと私はいつも思います。もちろん、誰をどこで使うかによって、戦い方も変わってくるものですが・・・。qweafさんの考えも、なかなか面白いなと思いながら、コメントを読んでいました。

今の起用方法は、おそらく城後をシャドーストライカー的に使い、そのために、ボランチのコンビ組む相手を探しているといったところだと思いますが、中々うまくいきません。サッカーは本当に難しいものです。
--------------------------------------------------------------------------------
コメント、ありがとうございます。

どのようなチームを作るのか、私も非常に注目しています。おっしゃる通り、そこにチームのメッセージが強く表れるからです。
アビスパは2年続けて同じような失敗をしたわけですから、同じ路線で進むわけにはいきません。その動向に注目したいと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。