「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バランスを求めて

いまのメンバーで、いま表現できるすべてを見せてほしい

 地元メディアがほとんど取材に来なくなってしまった福岡のトレーニング。見学者の数も減ってしまい、雁の巣球技場の空気は少しばかり変わりました。けれど、ピッチの上でトレーニングに励むチームの動きに変わりはありません。篠田善之監督は、いつもと変わらぬ大きな声で指示を出し、選手たちもいつもと同じようにボールを追いかけています。どんな状況にあろうと、サッカーをプレーする喜びや、今よりもレベルアップしたい気持ちは不変。そして、それを試合で表現しようとする気持ちは変わるものではありません。

「常に大事なのは目の前の試合。それはいつでも変わりませんよ」。そう話すのは篠田監督。今週も、いつもと同じスケジュールでトレーニングを続けています。一般的な1週間の流れは、試合翌日のオフを挟んで、初日の練習は午前中のサーキットトレーニングと、午後のボールを使ったトレーニング。それ以降は、全員が横一線の状態で、課題の修正と、次の対戦相手へのシミュレーションを重ねてメンバーを絞り、試合前日に最終的な試合メンバーによるセットプレーの確認で全てのメニューを終えることになります。

 今週のテーマはプレーに変化を加えること。トレーニングは、パスの質、ボールを受ける時の動き出しのタイミング、3人目の動き、トラップからパスまでのスピードと、パススピード等を修正することを中心に行われています。「最初の段階ではリスクを冒して攻撃しようとずっと言ってきて、次は守備のことをずっと言ってきた。今度は、ここからどうなるかということ。バランスよく両方ができるようになればいい」(篠田監督)。そのバランスを身につけることが、もうひとつレベルアップすることにつながります。

 さて、次節の対戦相手は水戸。天皇杯3回戦で悔しい思いをさせられた相手です。2週間という短い期間で試合をすることに、やりにくさがないわけではありませんが、それは勝った水戸に言えること。敗れた福岡にとっては、自分たちの力をぶつけて勝利を目指すだけです。対戦のポイントを尋ねると、「攻撃ではゴールを挙げること。守備では0に抑えること。そのために質を上げようということ。でもその前に、まずは勝ちたいという意識を持って臨むことが大事」と篠田監督は話してくれました。

 今シーズンの残り試合は4。自分たちの原点が問われる戦いが続きます。「いいサッカーを見せられればと思っている。楽しくて次も見に来たいと思ってくれるようなゲームがしたい。まずは全力を尽くして、もちろん勝つことを意識してプレーして、その上で、見せるプレーができればいい」(中村北斗)。来年につなげるとか、若手育成とかではなく、いまのメンバーで、いま表現できる全てを、余すことなく見せてほしいと思います。

コメント

城後はセカンドストライカー
じゃないですか?
北斗は右Hで
左Hは中島か鈴木でクロスを上げて
ほしいです!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。