「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝利の後の重要な一戦



 さて、早いもので今日はもう第38節。福岡はアウェイで岐阜と戦います。中2日に続いて、中4日で迎える試合は、選手たちのフィジカルコンディションに負担がかかる試合。今週はコンディション調整中心のトレーニングを積んで岐阜へと向かいました。選手たちの表情や、紅白戦での動きを見ている限り、体力的な疲労はそれほど感じられません。精神的にも、フィジカル的にも、いい準備が積むことができたように思います。

 さて、雁の巣球技場でトレーニングを取材していると、選手たちの中に、いい意味での変化が生じているように感じます。J1昇格を目指して戦っている以上、上位陣との差は気にならないわけはありませんが、それよりも、目の前の試合に勝つことだけに集中するという意識が非常に高くなっているように思います。最終的な結果をあれこれ考えるのではなく、目の前の対戦相手に勝つことだけに集中する。そんな空気がチームの中に漂っています。

「いま」に集中する。やるべきことをやることだけに集中する。力のすべてを出し尽くすことだけに集中する。そして、自分たちがコントロールできないことに気持ちを奪われない。そんな空気です。勝ち続けるしかない状況にも、勝利に対する気負いはなく、むしろ達観している感じさえ受けます。その空気は、ベンチ入りするメンバーも、そうでないメンバーも変わりはありません。それは、2004年の終盤に8連勝した時と、2005年に3連勝してJ1復帰を決めた時の空気によく似ています。

 あとは、その空気を結果に結び付けること。それが福岡に求められています。そのためにも、岐阜戦の勝利が非常に大きな意味を持つと思います。今シーズンの福岡は、いいトレーニングが必ずしも結果に結び付かないことが何度もありました。それが、足踏みしている原因のひとつになっていますが、その壁を乗り越えることで、チームはもうひと回り大きくなれるのではないかと思っています。岐阜との戦いは残された可能性を引き寄せるためだけではなく、チームを変えるためにも重要な1戦になると私は捉えています。

 岐阜は現在6連敗中。12試合も勝ちから遠ざかっています。しかし、それは福岡にとって何かの保障をしてくれるものではありません。相手は関係なく、自分たちのサッカーを存分に発揮することが大切で、そのためにもゲームの入り方が大きなポイント。前節のC大阪戦と同じような高いモチベーションで臨めるかどうか。それが、この試合の鍵を握ることになります。J1への思い、サッカーに対する思い、そしてチームに対する思い、様々な思いをぶつける試合をしてほしいと思っています。

【2002world.com更新情報】
09.26 大津、あと一歩が及ばず。沖縄かりゆしFCが3回戦へ。 ~天皇杯2回戦レポート

コメント

いつもスタンドでしか応援していないので、
よくわからないのですが、
あの社長の下で、
チームの屋台骨を揺るがすようなことが起こっているのでしょうか。
大都技研の融資を受けなければ、
やっていけないような状況が何故
あるのでしょうか。
教えてください。

名古屋に住んでいるものです。中倉さんのブログ、いつも拝見しております。

明日の試合は今シーズン初観戦になります。

勝つことを願いつつ、自分なりに試合を分析しながら見てみようと思います。

>よっちん さんへ

中倉です。コメントありがとうございます。

単純に言えば、クラブ運営に必要な資金を集められなかったということです。
その根本的な原因は、ひとつ前の記事のコメントにも書いたように、アビスパ福岡の成り立ちや、現在の運営方式にあると私は思っています。過去にも経営難には悩まされており、今年になって屋台骨を揺るがすようなことが起こったということではなく、現在の運営方式の限界が近づきつつあり、組織構造を見直さなければならない時期がやってきたということだと思います。

また、今回の決定は株主総会の総意の上で行われたことで、アビスパを支えている市役所や七社会をはじめ、福岡の政財界のトップが下した決断ですから、個人の責任に転嫁してしまうと、物事の本質を見失うことになりかねません。

企業・行政・地域住民が三位一体となってクラブを支えていくというのが、Jリーグの目指すところですが、クラブそのものは株式会社であり、民間企業なのですから、責任企業が運営し、それを行政・地域住民が支えるという形式に変えなければならない時期が来たということだと思います。

>服飾B さんへ

中倉です。コメントありがとうございます。
また、いつもアクセスしていただいて、ありがとうございます。

チームには、まだいろんな課題がありますが、そのひとつ、ひとつが改善の兆しを見せ始めています。ぜひ、ご自分の目で確かめてください。いいところも、悪いところも見えてくるのではと思っています。そんな中で、気持ちだけは絶対に負けないという試合を見せてほしいものですね。ブログにも書きましたが、いい準備はできています。あとはねそれを試合に出すだけです。そして、勝利をつかんでくれることを願っています。

おはようございます

東京からの新幹線車中です。
ピッチの外が騒がしく、選手達がサッカーに集中できるか不安です。
毎日新聞のあの記事、「今を戦ってる」選手やサポーターに対して何とも思わないんでしょうか。
今日も精一杯戦います。
中倉さん、ゴール裏にも取材来て下さいね!

>ryon さんへ。

スタジアムでは声をかけてくださってありがとうございます。とても嬉しかったです。

クラブで起こる様々な出来事に、いろんな思いを抱いていましたが、ryonさんのように遠くから駆け付けてくれた方や、福岡からも様々な手段でスタジアムへやってきてくれたサポーターの方の姿を見て、自分も大きな力をもらいました。
いろんな雑音が聞こえてきますが、こうして福岡の事を真剣に考えてくれる方たちがいる限り、いつかはきっと誇れるクラブになれると信じて活動していこうと、改めて思うことができました。ありがとうございました。

さて、一段と厳しい状況になりましたが、選手たちが前を向いている限り、どんな状況になろうと、彼らの姿をしっかりと見届けたいと思います。それが自分の役割だと思うからです。次は山形戦。記者席で何ができるわけでもありませんが、ピッチに思いを送りたいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。