「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちを見せた一戦



「よっしゃー!」。C大阪を取材するライターが隣にいるのもお構いなしに、立ち上がって両拳を突き上げてしまいました(汗)。気持ちのこもった素晴らしい試合でした。ミスがあっても次のプレーで取り返す。相手よりも前へ、速く、強く走る。そして、サッカーへの思い、勝利に対する気持ちを余すことなく表現する。そんなプレーが観客を引き込み、観客の声援が選手たちに力を与え、その声援がさらなる力を選手に与える。そして、スタジアムは一体感で溢れていました。

 最大の勝因は気持ちだったと思います。草津戦を終えた直後の選手たちの表情を見たときには、次の試合へ向けてのモチベーションを上げるのは難しいかもしれないと思っていましたが、持ち直しただけではなく、さらに高いモチベーションで試合に臨んでくれました。「気持の入ったゲーム。見ている人たちにも気持ちの伝わるゲームができた。細かなミスも、修正点もあるが、それ以上に勝ちたい気持ちが強く出せた」(吉田宗弘)。その言葉通りの試合でした。

 そして、監督采配がゲームの流れを大きく変えた試合でもありました。C大阪が2-1とリードした直後、クルピ監督の取った采配は、カイオを下げて羽田を投入し、システムを4-3-2-1に変えて逃げきりを図ること。一方、篠田善之監督の選択は、中払大介、タレイを入れて中盤の力を整え、さらにボランチを1枚減らして田中佑昌をトップ下に入れるというもの。最後まで攻め抜けというメッセージを選手たちに伝えました。

 互いに勝たなければいけない状況と点差を考えれば、双方ともに定石通りの采配だったかも知れません。しかし、この采配はC大阪から前へ出るパワーを奪ったばかりか、守備意識が高まり過ぎて受けに回るという結果をもたらし、福岡にはさらなる攻撃のパワーを与えました。加えて、途中出場の中払、タレイ、田中が期待に応えて有り余る活躍を見せたことも大きな勝因。圧倒的な存在感を見せて守備陣を切り裂いた田中を筆頭に、それぞれがゴールに絡む活躍を見せてくれました。

 そんな素晴らしい試合も、「終わってしまえば過去のこと」と篠田監督は振り返ります。そして、試合後直後は興奮した様子を見せていた選手たちも、一夜あけると何事もなかったかのように次の試合に向けてのトレーニングを始めています。次に勝ってこそ、この試合の意味がある。誰もがそう思っているようです。福岡にとって常に大事な試合は目の前の試合。その姿勢は全く変わっていません。厳しいスケジュールで迎える岐阜戦ですが、福岡らしいサッカーを見せてほしいと思っています。

コメント

いつも拝見させていただいております。丁寧な取材が文章から伝わってきて数少ない生の情報源として認識してます。私は実質的に生観戦一年生ですが、アビスパのファンになりました。ただアビスパには色々歴史があるようで今回またスポンサー問題で揺れ動いてきそうですがこの辺身近で取材されている方からみて経営的に厳しい局面を迎えているのでしょうか?

お久しぶりです。
久々に鳥肌のたった試合でした。先制点を許し、追いついたと思った直後に逆転され…正直、「あぁ、またか…」と一時は気持ちが沈みました。が、終盤の猛攻が始まるとテレビの前に身を乗り出し、ゴールが決まるとガッツポーズ。終了後、主人共々「レベスタに行きたかったね…」
特にここ最近、田中選手のゴールへの気持ちが以前とは明らかに違うように見えます。戦術、ポジションの影響もあると思いますが、何だかとても頼もしい存在です。
「もう少し早く…」という思いも否めませんが、チームは良い雰囲気でまとまり、前へ進んでいるのだと思います。このまま次節も「勝ち点3」を手に入れてほしいです。

>かーたん さんへ

中倉です。コメントありがとうございました。

大小の違いこそあれ、アビスパの経営が厳しいのは今年に限ったわけではなく、これまでも何度も苦しい状況に追い込まれました。各年度毎にそれぞれの理由はありますが、チームの成り立ちと、運営組織の構造的な問題が経営難を引き起こす要因になっています。結果だけを言えば、福岡というマーケットを十分に生かし切れていないということです。

最大の要因は、クラブを支える責任企業がないということにつきます。行政・財界がサポートしながら運営するという形式は利点もあるのですが、逆に、責任の所在が明確にならず、クラブ経営に一本の芯が通らないという欠点も併せ持っています。これまでは、いろんな形で踏ん張ってきましたが、それも限界に近づきつつあると私は捉えています。現在の運営方式にメスを入れて、どのような組織構造にすればいいのかを考えなければいけない時期が来たということだと思います。

>ひとぽん さんへ

ご無沙汰しております。お元気ですか?もう、新しい生活にはなれたでしょうか?

さて、本当に気持ちのこもった試合でした。実は最初の同点ゴールの瞬間には、立ち上がって記者席の机を叩きながら自分に気合を入れていました(汗)。2点目は自粛したのですが、さすがに決勝ゴールの時には気持が抑えられませんでした。まあホームゲームですから許されることでしょう(笑)

昨年、右MFに起用されたことで自分の特徴を大きく伸ばした田中佑昌ですが、再びFWに戻したことで、本来持っている力と、新しく身につけた力が融合されて、まさに大きく羽ばたこうとしています。ただのスピードのあるプレーヤーから、いま最も危険な選手に脱皮したと思います。本当に頼もしい限りです。

そしてまとまりを見せ始めたチーム。C大阪戦を見ながら、私も「もう少し早く」との思いを抱きましたが、苦しかった日々も、この日のために必要な日々だったのかも知れません。チームが様変わりしつつあるのは、篠田善之監督が非常に巧みにチームをコントロールしていることが最大の要因ですが、選手たちが自分の中にあった問題を直視したことによる結果だと思っています。思うように勝点を伸ばせない日々が続いていますが、それぞれの選手が脱皮しつつあります。それを本物にするにも岐阜戦は本当に重要な試合。しっかりと見届けてきたいと思います。そして、チームと一緒に勝点3を手土産に福岡に帰りたいとも思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。