「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっぱれ!大津高校

080922_ゴール前で競り合う、かりゆしFCと大津高校

 眠い目をこすりながら21日の朝一番の飛行機で帰福。雁の巣球技場に顔を出したあと、天皇杯2回戦の取材のため、ベストアメニティスタジアムへ足を運びました。沖縄かりゆしFCと大津高校の対戦。チャレンジャーの立場である大津高校のアグレッシブな姿勢は、見る者の気持ちをグイグイと引きつけてくれました。高度な技術や戦術もスポーツの魅力ですが、勝利を目指してアグレッシブに戦う姿勢こそがスポーツの原点であることを思い出させてくれた試合でもありました。

 フィジカルの強さにまさる沖縄かりゆしFCに対して、自分たちの持ち味であるポールと動かし、運動量を生かしてサイドから攻めるサッカーで果敢に挑み、1点を追う後半は、ほぼ一方的に沖縄かりゆしFCを押し込みました。同点ゴールは、持ち味の大きな展開から何人もの選手が絡んで生まれたもの。見事なゴールでした。最終的にはロスタイムに決勝ゴールを奪われてしまいしたが、スタンドからは大津高校に大きな拍手が送られていました。

 さて、この試合。大津高校のアグレッシブさのほかにも、教えられることがありました。ひとつは沖縄かりゆしFCの決勝ゴールのシーン。すでにロスタイムは3分を経過。ボールデッドになった時点で笛が吹かれるという場面で、大津高校はボールを大事にして前へ出ました。結局、ボールを大事にしたことが裏目に出て、ラストプレーで決勝ゴールを奪われたのですが、このシーンにサッカーの奥深さを突き付けられた気がしています。

 私は遠目からシュートを打って笛を聞き、延長戦で再勝負したほうがいいと思っていました。結果だけを見れば、そうしたほうがよかったのですが、それは結果論。大津高校がゴールを決めていれば、よく攻め切ったということになっていたはずです。同じ判断を下しても、結果によって評価が分かれてしまうサッカー。本当に難しいし、不条理だなと。でも、だからこそ奥深いのだなとも。結局のところ正解などないわけで、結果がどうであろうと、確固たる信念を持つことと、その信念を貫くことに本当の意味があるのだと教えられた気がします。

 そして、決勝ゴールを決めた齋藤将基。昨年まで東京Vに所属していた選手です。「怪我もしていたし、去年でやめようと思っていました。でも、サッカーができないときは、友人と遊んでいてもつまらなかった。だから、もっとサッカーを楽しみたくて沖縄へ行きました。いま沖縄でサッカーをやっていて楽しいし、それを職業にできることは本当に幸せなことだと感じています。多くの人たちに感謝しています」。好きなことに打ち込める幸せと、支えてくれる人たちヘの感謝、そして、それが何物にも代えがたいものであるという理解。自分も忘れてはいけないと教えられました。

【2002world.com更新情報】
09.22 生き残りをかけた戦いは1-1のドロー。痛み分けに終わる。 ~J2 第36節 草津vs.福岡

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。