「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも、やることは変わらない

080921_台風一過の青空の下で

「上手くいかないな」。台風一過の青空を見上げながら、そんな思いを抱いていました。例年以上に混沌とした状況が続くJ2は、第3クールに入っても相変わらず。広島を除けば、上位チームが思うように勝点を伸ばせない状況が続いています。追いかける立場の福岡にとっては、まさに追い風。勝ちきりさえすれば、すぐにでも追いつける条件は整っています。けれど、その力が福岡には足りません。この日の草津戦でも、それを改めて痛感しました。

 常に目の前の1戦を勝たない限り先がないことは、選手たちは強く意識していると思います。けれど、草津との戦いでは、その気持ちをプレーで表現することが出来ませんでした。特に前半は、草津の球回しを警戒してボランチが最終ラインに吸収され、セカンドボールは拾えず、マイボールはミスを繰り返し、攻撃はロングボールを蹴るだけ。その内容の悪さは今シーズン最悪といってもよく、1失点で折り返したのは、むしろラッキーと思えるほどでした。

 久藤清一、久永辰徳の両SHを中に絞ってプレーさせた後半は、高い位置でボールに絡めるようになり、試合の主導権を奪い返しましたが、守ってカウンターを狙う草津の守備を効果的に崩すことが出来ず、得点はPKによる1得点のみ。勝点2を落とすことになってしまいました。福岡も、草津も勝たなければいけない試合でしたが、互いが表現したサッカーの内容では、1-1のドローという結果は妥当な結果と言わざるを得ないと感じています。

 前節に引き続き先発出場した丹羽大輝が、DFラインの中心としてプレーできることを改めて示したことは収穫でしたが、この日はチームのアバウトさが目立ってしまいました。緩急のない攻撃。繰り返される単純なミス。ゴール前でのシュートの意識の希薄さ。試合の入り方も最悪でした。ディテールにこだわることが今の福岡には必要なことですが、試合を見る限りでは、その部分は上手くいっていません。いいトレーニングは出来ていますが、それを試合につなげることができませんでした。

 仙台戦以降、少しチームの勢いが感じられないように見えるのが気になるところですが、それも自分たちの実力のうちです。選手たちは、悔しさや情けなさを感じていると思いますが、それを正面から受け止めて、またチャレンジするだけです。常に大切なのは目の前の試合。そして、福岡のやらなければいけないことは、目の前の試合をクリアするために精一杯の準備を積むこと。それは、どんな状況になろうが変わるものではありません。頭をあげて、前へ進むだけです。

【2002world.com 更新情報】
09.21 岡山湯郷、リニューアルしながら連勝キープ。 ~L1 第13節 岡山vs.新潟
09.20 新・福岡通信:天皇杯に行こう!
09.20 C大阪、カイオのハットトリックで岐阜を圧倒! ~J2 第35節 岐阜vs.C大阪

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。