「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修正が勝利に結びついた一戦

味スタでのアビスパタオル

 ホイッスルがなった瞬間、小さくこぶしを握り締めて「よし」と記者席でつぶやきました。リーグ戦、ナビスコカップを含めて5試合振りの勝利の味は格別なものでした。いつものように決定的なチャンスをつくり、そして、いつものように決めきれない展開。ただし、90分間が終わった時点で1点のリードを保っていた福岡。課題は相変わらずとも言えますが、内容を結果に結びつけたことは何よりも大きなことでした。

 実は、この試合はいくつかの修正が施されていました。そのひとつがセットプレーの守り方。詳しくは語りませんが、下がりすぎていたラインを修正することで守備が安定しました。何度かあったゴール前でのセットプレーのピンチも余裕を持って対応していたように思います。ふたつ目はボールを取りに行く位置。勝ちたい気持ちが強かったせいか、ここのところ前からボールを奪いに行くことが多かったのですが、この日は、ややリトリートした体制で相手を引っ張り出し、武器であるカウンターを効果的に繰り出しました。

 そして、ボールサイドと反対側への意識が強かったのも修正点のひとつ。ボールに対して人数をかけてくるのがFC東京の守備。その逆手を取って何度も空いているスペースへボールを送り込みました。そして、勝負を分けたのは後半20分前後の攻防。勝負どころと見た両監督はカードを切ることで丁々発止の駆け引きを繰り広げましたが、この攻防を制したのは福岡でした。

 もちろん、決定的なチャンスを決めていれば、もっと簡単に試合を終わらせられたかもしれません。決められないがために後半は相手に攻め込まれる時間帯も作られました。ただいつもと違ったのは、その時間帯を体を張って凌ぎきったこと。結果としてゴールを許さなかったことは、ひとつの自信になったはずです。口々に「残り2試合を勝つ」と語ってスタジアムを後にした選手たち。水曜日の試合も期待したいと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。