「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい準備も・・・



「前半の入り方が非常にぬるかった」。篠田善之監督をはじめ、ほとんどの選手が同じ言葉を口にしました。勝たなければいけないことは誰もがわかっていたはず。前半を無失点で折り返すことが必要だったことも、先制点の重要性も、最後は強い気持ちが勝敗を決することも、誰もが理解していたはずでした。そして、充実したトレーニングを積んだ1週間。それなのに、何故、あのような立ち上がりになってしまったのか。なんとも理解できないところがあります。

 そして失点シーンは、また今までの繰り返しでした。先制点は、中央に大きなスペースを空けてしまい2列目から飛び込んでくる梁勇基に誰も付いていかなかったことから生まれたもの。2失点目はナジソンのマークをマーカーが怠ったことが原因。3失点目は点を取りに行っている時間帯の失点で、失点自体はやむを得ないものではありましたが、千葉直樹に対して寄せることが出来ず、ボールウォッチャーになっていたことが問題でした。守備は簡単に修正できるものではありませんが、それにしてもの感が強く残りました。

 全体としては悪くはないように思います。にも拘わらず結果が手に入らないのは、抑えるべき勝負どころで後手を踏んでいるからに他なりません。攻守が一体化しているサッカーでは、そのバランスが生命線。互いに我慢する時間帯を過ごしながら、試合を分けるポイントでどう攻めるか、とう凌ぐかで勝負が決まります。そのポイントで後手を踏んでしまっては、どんなサッカーをしても勝利は手に入りません。戦術云々よりも、個々の意識の問題だと感じています。

 その一方で、仙台との差を感じざるを得ない部分もありました。それはボールに対するアプローチのスピードと、局面での激しさでした。攻撃に転じた際のスピードの違いはプレースタイルの違いから来るものですが、ここぞというところでの集中力の違いは明らかでした。また、攻守に渡ってボールを持っていない選手の連携という点でも劣っていた部分がありました。「周りのスイッチの入り方が遅い」。篠田監督はトレーニング中からよく口にしていますが、その部分も相変わらずの課題です。

 矛盾するかも知れませんが、選手たちは必死に戦ったと思います。いい準備をしていたことも間違いありません。それでも、これまでと同じように、勝負どころで後手を踏んでしまいました。まだまだ突き詰めなければいけないということです。可能性が残る限り、上を目指して最善の努力をすることは当然のこと。今まで以上に充実したトレーニングを積み、妥協を許さない姿勢をさらに強めて、次節の徳島戦を迎えて欲しいと思います。

コメント

いつも通り、同じことの繰り返しに応援疲れです。可能性がまだあると言っても、あくまで可能性です。現実的には来期をにらんで、若手選手を使ったほうがいいのではないでしょうか?六反・鈴木・大山・本田等、毎試合同じことを繰り返す選手よりかはいい気がします。

>ミツバチ さんへ

中倉です。コメントありがとうございました。

いろんな考え方があると思います。ミツバチさんの考えも、そのひとつだと思います。

私の考えを述べれば、J1昇格の可能性云々とは関係なく、勝負の世界に生きている以上は、その時点で最も勝利の可能性の高いメンバーが出るべきだと考えています。
また、競争に勝ち残ったものだけが生き残れるのがプロの世界であり、そこには年齢も、経験も関係ないと思っています。目の前の戦いに勝てなければ明日はない。私は、プロとはそういう世界だと思っています。

どちらがいいとか、悪いとかできなく、いわゆる考え方の違いということですが、私はそう思っています。

前監督時代から続く課題ではありますが,以前はパニック状態になって目も当てられないことが多かったのに比べ,今はかなり問題の出方が整理されてきた気がします。(苦笑)

攻撃の時に攻める気持ちを持つのは簡単ですが,守備の時に,全員がどれだけ積極的な気持ちを持てるか。当たり前のことですが,どうも「守備」=「受け身」っぽい姿勢になっているのが課題のように思えます。

少しずつよくなっているので(ホントは少しずつなんて言ってられないんですが),結果がでなくて苦しい時期だと思いますが,ここは踏ん張りどころでしょう。

確かに3点はとられた完敗だけど、それなりに戦っていたと思います。
ただ自分たちの戦い方が確立しているチームとそうでないチーム、
チームの完成度の差だと感じました。
今は、勝ちたいという気持ちをより強くして、
徹底的に悩んで、もがいて欲しいと思います。
今は迷走では無く、雌伏の時!だと思っているので、
自分たちのサッカーを見つめて欲しい。
結果は過程があっての結果なので、
今はV字回復の沈むところです。底を打って上昇しましょう。
悩んだ分だけ強くなれる。
僕は信じています!彼らの力を。



「いい準備」
なるほど、そうですね。
試合前日の土曜日だけしか雁ノ巣の練習見てませんが、チームの雰囲気もよく、期待の持てる練習してました。

篠田監督は声がでかいですね、サポーターまで選手への指示が聞こえます。『セットプレーとカウンターを警戒しよう』

吉田も叫んでました『仙台のカウンターは早いぞ!』

コーチもセットプレーの練習で、木谷があがった場合、あがらなかった場合のマークを何度も確認してました

でも結局は『セットプレー』と『カウンター』から前半2失点してしまいました。

「いい準備」を「結果」に結びつけるのは、なかなか難しいようです。

中倉です。
みなさん、コメントありがとうございました。いつものように、まとめてレスさせていただきます。
--------------------------------------------------------------------------------
>マップ さんへ

確かに、信じられないようにミスや、あり得ないほどにバランスを崩してしまう状態からは抜け出したように思います。それも、徹底して、基本的な部分を繰り返しているからだと思っています。

あとは、苦しい時に何ができるか、何を行動に移すのかということ。そこにチームの、選手たちの真価が問われているのだと思います。苦しい状況にもかかわらず、今週のトレーニングも高い集中力と緊張感の中で行われています。その気持ちを大事にしながら踏ん張ってほしいと思っています。
--------------------------------------------------------------------------------
>なかの さんへ

選手は頑張っていたと思います。それは現地で感じました。
あと少し、けれどその少しが遠い。そんな感じを受けています。けれど、やるしかありません。昨日も、今日も、選手たちは下を向かずに精一杯のチャレンジを続けています。相変わらず、仲間同士の大きな声も雁の巣球技場に響いています。この姿勢がある限り、必ず道は開けると思っています。
--------------------------------------------------------------------------------
> #さんへ

やるべきことは分かっているでしょうし、そのためにどういう準備をしなければいけないのかも分かっていると思います。でも、それが試合で出せない。ここが本当に難しいところだと思います。逆に言えば、分かっているだけに、何かのきっかけでガラッと変わる可能性もあると思います。とにかく前を向いて、繰り返し、繰り返し、チャレンジするしかありません。すべてが変わることは難しいと思いますが、徳島戦では変わった側面を見せてほしいと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。