「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには気分転換 大阪グルメ その1「わなか」

大阪・千日前のたこ焼き道場わなか

 私は大阪の町の繁華街がとてもお気に入りです。独特なざわつき感と、関西人特有のバイタリティのようなものが感じられるし、変に気取っていないところが性に合っているようです。どこへ出かけるという目的があるわけではないのですが、取材で訪れるたびに、空いた時間を利用して町中を宛てもなくブラブラとしています。そんなことをしているから、原稿を書く時間がなくなってしまうんですけれど(汗)。

 そんな私が必ず行くのが「たこ焼き道場 わなか」。以前、2002world.comの編集後記である「スタッフのつぶやき」でも紹介しましたが、千日前にあるたこ焼きやで、あちこち行った中で私が最も気に入っている場所です。自宅でも時々たこ焼きを作る私は、このお店の先にある道具屋筋へたこ焼き機を買いに行ったのですが、そのときに見つけました。吉本新喜劇の隣にあって、吉本の芸人さんたちも買いに来ているようです。

 写真は「中」。大降りのたこ焼きが12個入って450円です。他にも小(8個350円)、大(15個550円)、特大(20個750円)、さらには様々な変り種メニューがあります。たこ焼きを焼いているスペースの裏側が食堂のようになっていて、ここで買ったたこ焼きを食べることが出来ます。店の横にある路地にも机が用意してあって、私はいつも、その路地でニコニコしながら熱々のたこ焼きを頬張ることにしています。8個入りの「小」がちょうどいい量かなという気もするのですが、好きなものは目一杯食べないと気がすまない性格なもので(汗)。だからこんな体格になってしまったのですが・・・。

 もっぱら私がさまよっているのは「なんば」周辺なのですが、それだけでは面白みがないので、先日、なでしこジャパンと、日本代表の取材で大阪へ行ったときに「新世界」まで足を伸ばしました。独特な雰囲気を持った町でしたが、あのディープに感じも嫌いじゃありません。ということで、「新世界」周辺のグルメ情報についても、後ほどご報告したいと思います。乞う、ご期待(笑)。

コメント

わなかのたこ焼き、私も大好きです!
他府県の方々には『たこ焼き=大だこ』の人も多いみたいですが私はわなかを勧めます!!
ソースで食べるのも美味しいけど私のおすすめは『ねぎぽん』です。
その名の通り、たこ焼きの上にねぎとぽん酢をぶっかけて食べます。
この味はハマりますよ!口臭は多少ねぎくさくなりますが(汗)
次回大阪へ来られる際は是非食べてみてください♪

もしかしたら、行ってらっしゃるんじゃないかなと思っていましたが、やはりご贔屓でしたか(笑)。
ここは、2~3年前にか向かいにも「たこ焼き屋」が出来ましたが、客の並び方が全く違いますね。向かいでは食べたことがないのですが、「わなか」で満足しているので、他店へ浮気する気になりません。
さて、オススメの『ねぎポン』。実はずっと前から、そうとう気になっていたんです。今度大阪に行ったときに、是非、チャレンジしたいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。