「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州ダービーを終えて

苦しいからこそ頑張りどころ

 チームのみならず、スタジアムにいた全員が、九州ダービーの思いと、J1への思いの全てをぶつけて戦った試合だったと思います。細かなことを上げればキリがありませんが、いま現在の力は出せたと感じています。リードした後、少し引き始めた時間帯に久永辰徳を投入した監督采配も的確でしたし、その意図を理解してファーストプレーで激しく前へボールを追い、最後まで前へ出る姿勢を示した久永のプレーは勇気を与えてくれました。それでも届かなかった勝点3。思いは複雑です。

 しかし、勝てなかったことには必ず理由があります。詳しくはJ's GOALのマッチレポートに書きましたが、やはり原因は守備。ここ数試合で見られたゴールに直結してしまう大きなミスはなかったものの、守備に関して、プレーのディテールに対するこだわりが足りないことも痛感された試合でした。この部分においては、福岡と鳥栖の間には差があったように思います。攻撃で鳥栖を上回り、守備で後手を踏んだ。そういう試合でした。

 サッカーはミスがつきもののスポーツです。だからこそ、ミスを無くすこだわりがなければいけませんし、ミスをミスで終わらせないようなこだわりや、不利なら不利なりに駆け引きを仕掛けるこだわりも必要です。攻めている時に的確なポジショニングを取ることや、リスク管理に対するこだわりもです。篠田監督は日常のトレーニングで基本を繰り返すことでディテールへのこだわりを徹底してはいますが、まだ足りません。もっと、もっとディテールにこだわる必要性を感じています。

 けれど、過ぎたことを悔やむだけでは前進はありません。足りないのであれば身につければいいだけのこと。身に付かないのであれば、繰り返し、繰り返し、反復練習をするだけのことです。大切なのは、できなかった過去よりも、これからの未来。悔しい思いを胸に刻んで、ただひたすら前を向いて進むだけです。苦しい時、思うようにいかない時、自分の本性が現れます。今はまさにその時。いま、自分に何ができるのか。何を行動に移すのか。選手も含めて、福岡にかかわるすべての人が試されています。

 試合前、「ダービーを迎えるにあたって大切にしているものは何か」と布部陽功に尋ねたところ、「サッカーに対する思い」という答えが返ってきました。プライドや情熱、そして、なぜ自分がサッカーをやってきたのか、なぜピッチに立ち続けているのかを思い起こして試合に臨むのだそうです。その言葉が心に残りました。自分が何を思って福岡とかかわっているのか。何を思って見続けているのか。その思いと向き合いながら、残る11試合を追いかけたいと思っています。まだまだ、勝負はこれからです。

【2002world.com 更新情報】
08.08.31 C大阪決定力不足を露呈し、連勝ならず! ~J2第32節 熊本vs.C大阪

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。