「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰よりも真摯な姿勢で

080830_ゴールは俺に任せろ

「大切なことは、どれだけJ1でプレーしたいかという気持ちと、それをどれだけ強く思うかということ。誰かがやってくれるんじゃなくて、自分がなんとかする、自分がJ1でプレーしたいから頑張るという気持ちを、出ている時も、そうでない時も、この1年間、全員が常に自分の中で持ち続けること。累積警告や怪我の関係で、ずっと出ていなかった選手が出るかもしれない。しかも、その試合に勝たなければ昇格の目が途切れてしまうという状況で出番が回ってくるかもしれない。だから、常にいい準備をしておかなければいけないし、常に気持ちを持っていなければ、そういう時に活躍できない」

 春のキャンプ前に、「J1昇格のために一番大切なものは何か」と尋ねた時の吉田宗弘の言葉です。そして、その言葉通り、吉田はトレーニングを通して常に最高の準備をしてきました。試合の日は、ベンチの中で誰よりも大きなジェスチャーで、誰よりも大きな声で仲間に気持ちを伝え続けました。「1点取られても2点取ればいい。2点取られたら3点取ればいい。とにかく諦めない姿勢を伝えることが大事だと思ってベンチから声をかけていた」(吉田)。そして今日、篠田善之監督は吉田にゴールを預けます。

 今年最後の九州ダービー。勝てば逆転J1昇格への道が開ける試合。しかし、勝たない限り、その可能性が大きく減じてしまう試合。その試合での起用の理由を「吉田のトレーニングに臨む姿勢や、これまでの経験を活かしてほしい」と篠田監督は話します。そして「単純なミスが多いが、集中力や緊張感、危機感など、意識を高めることで変えられる部分はある。そういう意識が維持できるように声をかけたい」とは吉田。5月3日以来の出場も最高のパフォーマンスを見せてくれるはずです。

 そして、鳥栖との戦いについて次のように話してくれました。
「鳥栖は全員が頑張るチーム。そして2トップに高さと力がある印象がある。タフなゲームになると思うが、90分間、常に先手を取れるように試合を進めたい。とにかく、チームとして勝たなければいけない試合。自分たちの勝ちたい気持ちが見ている人たちに伝わる戦いをしたい。それができれば勝てる。自分の役割はリスク管理。ボールが前線にある時にリスク管理をして、ボールウォッチャーになってしまわないように、コーチングでチームをコントロールしたい」

 発券されているチケットは、昨日の段階で既に18000枚を超過。今日の試合は、多くのサポーターの、大きな期待を背負っての戦いになります。そして、いまこそ選手が自分たちの思いをぶつける試合でもあります。「いい準備はしてきた。あとは、この状況を自分たちがどうにかするという強い気持ちが必要。その気持ちをより強く表現すること、自分の思いをピッチの上で表現することが必要。それを大切にしてチームとして戦いたい」(同)。チームの思いと、それを支える思いがひとつになった、素晴らしい試合になることを願っています。

【2002world.com 更新情報】
08.08.30 熱戦、鳥栖-湘南。湘南が粘りぬいて1点を守り切る。 ~J2第32節 鳥栖vs.湘南

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。