「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いもよらぬ完敗



 完敗でした。このブログで順調な調整ぶりを伝えていましたし、選手たちも手応えを口にしていただけに、あのような試合になることは全く予想していませんでした。広島が強かったことは事実です。2シャドーの高萩洋二郎と柏木陽介が高い位置取りをしたことでDFラインが押し込まれたために、久藤清一、タレイがサイドで1対2の状況をに追い込まれたことが守勢に回った原因でした。しかし、そういった問題よりも、戦術、技術以前の問題で敗れたことに何とも受け入れがたいものを感じています。

 4失点はミスから失ったものですが、そのいずれもがサッカーをする上での基本的なミス。しかも、最も注意すべき時間帯に、最も警戒すべきポイントをおろそかにし、絶対に選択してはいけないプレーを選択してしまったことに問題があります。典型的なのは前半の2失点。相手スローインの際に佐藤寿人をペナルティエリア内でフリーにするなどあり得ないことですし、2失点目はサイドへクリアするか、バックパスをすることで何の問題もなかったシーン。いずれも声を掛け合えば問題にさえならなかったプレーでした。

 サッカーにはミスが付き物で、得点の多くはミスから生まれます。また、福岡には守備の連係を作り上げる十分な時間は与えられておらず、しかも勝ち以外の結果は何ももたらさない状況に置かれていることを考えれば、無失点試合を目指すというよりも、多少の失点は受け入れながら試合を進めなければいけない状況にあります。だからこそ、最も危険な時間帯、場所、シチュエーションで、集中力を高め、互いに指摘しあいながら、無用な失点は防がなければいけません。

 ところが、今の福岡はそれができません。しかも、特定の誰かがミスをするのではなく、試合のたびに誰かがあり得ないミスをし、あり得ない失点を繰り返しています。新体制になってモチベーションが上がり、前向きに取り組み、チーム内のコミュニケーションが良くなったにもかかわらず、この部分については全く変わっていません。誰かがやればいいのではなく、誰が、何をすべきだったのかを明確に追及しなければ、問題点がぼやけるだけで、これからも同じことが繰り返されてしまいます。

 戦犯を見つけ出すのではなく、誰かのせいにするのではなく、しかし、原因と責任を徹底して追及すること。これがいまの福岡に最も必要なことだと感じています。幸い、3位との差は広がっていません。チャンスが残されているからこそ、ひとつ、ひとつのプレーにもっと厳しく接してほしいと思います。それが最終的に、ミスをした選手も含めて全員が望んだ結果を手にすることにつながります。個人のミスは全員でカバーするのが基本。けれど、勝利を目指すが故の厳しさと妥協を許さない姿勢が、本当の連係を生み出すのだと思います。

コメント

実際、ビッグアーチへ行ったのですが、なんといいますか、いいようにやられた試合でした。相手の動きの対応が遅く攻撃のときは周りが動かない。声を掛け合ってプレッシャーをかけることもなかったのですから。この試合を見た限りではありますがいろんな意味で改善しきれていないなと思いました。

>ロボコン さんへ

コメントありがとうございました。
 篠田新体制になってから大きく変わったのは選手のモチベーション面と、攻撃が機能するようになったことですが、守備という点で限定すれば、今シーズン当初から続く問題点は何も変わっていないと感じています。守備戦術の問題というよりも、個人の問題が多いように感じています。実際に、失点につながっているミスの多くは個人の判断ミスによるもの。連動しない守備組織にも問題はありますが、個人の意識を改善することで防げる失点は多いと思います。
 逆にいえば、意識の問題だからこそ難しいとも言えるのですが、こればかりは、それぞれの選手が強く自覚する以外にありません。どこまで自分に厳しくなれるか。そして、仲間同士で厳しく指摘しあえるか。そこにすべてがかかっているように感じています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。