「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3勝1分も守備に課題

080804.jpg

 新体制になってから4試合を消化して3勝1分。4連勝は逃しましたが、結果としては申し分ない数字です。この日も最後まで勝利を目指して戦い、チームの雰囲気もいいことが窺える試合でした。最後まで攻める姿勢をなくさなかったのも、篠田監督が就任する前とは違う姿でした。また、相手を分析して着実に欠点を突く試合運びも篠田アビスパの特徴のひとつ。湘南のサイド攻撃を封じたばかりか、その裏のスペースを使って攻撃を組み立てるなど、この日も随所に分析の成果が感じられました。

 しかし、失点シーンがいただけませんでした。1失点目は5人で相手を囲みながら、全員がボールウォッチャーになってしまったこと、2失点目はDFがクリアするか、GKがキャッチすれば何も起きないクロスボールに対して、2人とも全く反応しなかったことが失点の原因。サッカーにはミスが付き物で、そもそも失点はミスから生まれるものですが、それにしても、あり得ないミスだったと感じています。「勝ち試合を落とした」と篠田監督は試合を振り返りましたが、原因が守備にあったことは明白でした。

 マンマークの守備で証明したように、福岡の1対1の強さはJ2ではトップクラス。そう簡単に相手にはやられません。ところが、ゾーンディフェンスになると「誰かが対応すれば問題のない場面で、誰も対応しない」という局面が増える傾向にあります。特に致命的と思われるのはファーストディフェンダーの役割がおろそかになっていること。その「誰か」が「自分」であることを意識出来ていないケースが多く、個の強さが発揮されないばかりか、相手をフリーな状態でプレーさせてしまうことにつながっています。

 約束事を徹底させることでカバーできる部分もあると思います。しかし、様々な状況が、瞬時のうちに次から次へと変化し、しかも同じ状況が二度と起らないサッカーでは、局面において個人の責任のもとに対応することが組織が成り立つ前提条件。組織あっての個人ではなく、個人あっての組織でなければチームが十分に機能することはありません。最終ラインだけの問題ではなく、前線を含めた11人が、「対応すべき誰か」とは「自分」であることを意識しなければいけません。

 組織的な守備の構築には時間がかかりますが、十分な時間は残されておらず、今シーズンは、ある程度の失点と付き合いながら、活性化してきた攻撃に活路を見出すという戦い方をするしかないように思います。だからこそ、基本的なミスでの失点は避けなければいけません。「アプローチのスピードをあげること」「チャレンジ&カバーを徹底すること」「攻守の切り替えを意識すること」。篠田監督が常に口にする3つの要素を、2週間のブレイク期間にどこまで徹底できるか。それが福岡の第3クールの鍵を握っています。

コメント

中倉さん、こんにちは。

湘南戦は悔しい引き分けでした。
先制はされましたが、マイクの2ゴールで一時は逆転し、徳島戦や横浜戦と同様に
選手たちの勝利への執念が見える良いゲームだっただけに、余計に悔しいです。

しかしDFというのは簡単に再構築出来ないものなのですね。
過去、DF組織が構築されていた時期というと松田さんの時代を思い出すのですが、
その頃とあんまり選手は変わってないんですけどね・・・

FW陣ではジャンボもマイクも結果を出してるし、あとは黒部の覚醒に期待です。

お休みの間に、DFのレベルアップを期待したいです。
そしてこれまでの疲労を回復させて、熊本戦では内容も結果もすばらしいゲームが
見れることを期待しています。



>あび☆ さんへ

すっかりレスが遅れてしまいました。申し訳ありません。
いまアビスパは守備の連係に多くの時間を割いたトレーニングを行っています。
個人のアイデアが重要といわれている攻撃と違って、守備は連携が命。しかも、ミスを重ねても1回の成功が重要な攻撃と違って、守備はたった1回のミスが失点につながってしまいます。そういう意味では、守備の連係を整えるには非常に時間と根気がいる作業です。

松田元監督のころは、11人それぞれに細かな取り決めがあって、それを全員で実行することで堅い守りを築いていましたから、何人か入れ替われば、やはり一から築きあげないといけないということなのだと思います。

現在の失点のほとんどは個人の技術的なミスや、判断ミスから来るものですから、少なくとも、そういった基本的なミスを減らすことで失点も減ってくるはずです。無失点試合を増やすのは難しいかもしれませんが、特典がとれるようになった現在、失点を減らすことは勝率を上げることに限りなく近づくはず。暑い中でのトレーニングですが、集中力を切らさずに守備がレベルアップすることを期待しています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。