「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五輪代表壮行試合(@ホームズスタジアム神戸)

080725_五輪本番に向けて準備はまずまず

 なでしこジャパン、U-23日本代表の取材のため、昨日から神戸に来ています。この後は26日の水戸-福岡、27日の鹿島-浦和、そして29日は、再び、なでしこジャパン、U-23日本代表の取材と続きます。久しぶりの1週間の長期遠征。暑い中、ダラダラと汗を流しながら大きな荷物を持っての長期遠征はしんどさもありますが、昼間はサッカーと、夜は1人のんびりとお酒を飲む毎日は、たまらない1週間。そして、いつも触れることの出来ない大勢のメディアは、福岡にとどまって仕事をしている自分に大きな刺激を与えてくれます。

 さて、まずはなでしこジャパン。五輪のグループリーグでニュージーランド、アメリカ、ノルウェーと対戦するなでしこジャパンにとって、この日の試合は、オーストラリア女子代表を仮想ノルウェーと見立てて、これまでのトレーニングキャンプで取り組んできたことを実戦することが狙いでした。その狙い通り、連動する高い位置からの守備で相手の攻撃を寸断し、持ち味であるショートパスをつないでサイドから崩すサッカーを展開。3-0でオーストラリアを圧倒しました。

 やや横パスが目立った前半は主導権を握りながらもゴールが挙げられない展開が続きましたが、43分に宮間あやのクロスに澤穂希が頭で合わせて先制すると、後半はバイタルエリアで起点を作ってサイドへ展開するパターンでオーストラリアを圧倒。47分には宮間のスルーパスを永里優季が決めて追加点を挙げると、86分には丸山桂里奈が決めてオーストラリアを突き放しました。「まだピークには持っていっていない。自分たちのやろうとすることは出来たし、現時点では及第点」と、佐々木則夫監督は試合を振り返りました。

 続いて行われたU-23日本代表vs.U-23オーストラリア代表との試合でも、U-23日本代表が見せてくれました。自陣ペナルティエリア付近でのミスから先制点を許したものの、試合は両SBが積極的に縦に駆け上がる日本のペース。41分には、内田篤人が入れた縦パスに、李忠成、森本貴之、香川真司の4人が鮮やかに絡んでゴールネットを揺らします。2人、3人と動いてコンビネーションでゴールを奪うのは日本の目指すところ。その狙いが結実したゴールでした。

 同点で迎えた後半は、オーバーエイジ枠のアーチー・トンプソンにボールを集めて攻撃の姿勢を強くするオーストラリアのペースに飲み込まれそうになりましたが、難しい時間帯をゆっくりとボールを保持することで乗り切ると、終了間際の89分に岡崎慎司がダイビングヘッドを決めて逆転勝ち。「ここのところ同点のま終わる試合が多かったが、最後に勝つことが出来て自信になった。泥臭いゴールだったが、それは目指している部分でもある」と反町監督は満足そうに試合を振り返りました。

 このあと、なでしこ、U-23代表ともに、29日のキリンチャレンジカップでアルゼンチンと戦って五輪へと向かいます。次の試合でも勝利を手にして本番を迎えて欲しいと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。