「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳しい敗戦

厳しい敗戦も次の試合はすぐにやってくる

 この日のゲームプランは大きく分けて3つありました。まずは足元でショートパスをつないでくる甲府に対して不用意に飛び込まずに、相手にボールを回させておいて、出てくるところを捕まえること。二つ目は、攻守にわたってボールサイドに人数をかけてくる甲府に対して、奪ったボールを反対サイドに展開してカウンターを仕掛けること。そして、マイボールをしっかりとポゼッションして無用に縦に蹴らないことでした。

 また、左サイドで起用されたハーフナー・マイクに求められていたのはMFとしてのプレーではなく、ダイアゴナルにゴール前へ走りこんで、福岡のストロングポイントである右サイドからのクロスボールを、大久保哲哉と2人でペナルティエリア内で待ち受けるというものでした。対峙する杉山新のオーバーラップを誰が止めるのかという心配もありましたが、甲府は必要以上にマイクを気にして杉山は下がったまま。マイクにとって状況は整っていました。

 ところが、ボールを奪うところまでは狙い通りに運んでも、このボールを反対サイドに集めるのではなく、マイクがいる左サイドの裏を狙って縦に蹴ることを繰り返しました。これでは甲府の陣形は崩れずはずもなく、マイクをサイドで起用した意味もなくなってしまいました。試合の主導権を握っているように見えても、やっているサッカーはゲームプランとは違うもの。これでは甲府を困らせても、押し切るだけの力は出ませんでした。

 そして先制点を喫してからは、ゲームプランとは無縁の、ただロングボールを縦に蹴るだけの単調なサッカーに終始して中盤が間延び。マイクを残して2トップにした目的は、サイドからのクロスボールをゴール前で合わせることだったはずですが、その形に持ち込もうという姿勢も見えませんでした。また先制点を奪われたシーンは、藤田健と前田雅文がクロスしてボールを運んだことで福岡のマンマークの弱点を突かれてのものでしたが、そもそもは、その前に藤田のマークを怠ったことが原因でした。

 監督も選手も口にしていたゲームプランを、なぜ実行に移せなかったのか。フィジカル面での疲労がメンタル面に影響を及ぼして判断が鈍くなっていることもあるのでしょうが、答えは大久保と久藤清一が試合後に口にした工夫と臨機応変の必要性という言葉にあるように思います。両サイドに張り出して待っているだけではボールを引き出すことはできず、また、中の状況にかかわらず、縦に突破した勢いのままにクロスを入れるだけでは得点チャンスは生まれません。そうした状況を繰り返すことで、ジワジワと悪いパターンにはまっていってしまったと言えると思います。

 厳しい敗戦でした。しかし、次の試合はすぐにやってきます。まずは自分の責任と役割、そしてチームとしての狙いを、もう一度明確にして草津戦に臨んでほしいと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。