「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんで、鍋焼きうどんなんだ?

「ことり」の鍋焼きうどん。懐かしい味がする。

「この暑苦しい時に、何で鍋焼きうどんなんだ?」。ほとんどの方がそう思われたと思います。何しろ、鍋焼きうどんと言えば冬の季節メニュー。鍋でぐつぐつ煮えたところをフウフウ言いながら口に運び、冷え切った体を温めるものだと相場が決まっているもの。そもそも、この時期に鍋焼きうどんをメニューに載せているうどん屋など、そうそうあるものではありません。しかし、松山は違います。なんと、鍋焼きうどん1本で営業している老舗があると聞いて早速立ち寄ってみました。

 その店は、大街道のアーケード街に続く銀天街から、路地裏に入ったところにありました。その名は「ことり」。昭和24年開業の鍋焼きうどん専門店です。暖簾は掛かっておらず、閉まっているのかと思いましたが、「鍋焼きうどん ことり」と書かれた看板に明かりがともっているのを確認して中へ。店がある露地裏もそうですが、店内も昭和の香りそのもの。飾らないテーブルが5、6個と小さな座敷。昭和の時代によく見られた甘味処の風情が漂っています。

 専門店というだけあって、メニューは鍋焼きうどん(460円)といなりずし(240円)だけ。テーブルで待っていると程なく運ばれてきた鍋焼きうどんと引き換えに代金を払います。私がイメージする鍋焼きうどんとは、えび天やら、何やらが一緒に煮込まれている豪華なものですが、出てきた鍋焼きうどんは、受け皿から、鍋、レンゲに至るまですべてアルミ製の食器を使ったシンプルなもの。具は牛肉、刻んだ油揚げ、なると、出し巻き、そしてネギ。豪華というよりも、小腹が空いた時の軽食といった感じです。

 まずは鍋から立ち上る香りを楽しんで出汁をひと口。甘いと聞いていましたがそれほどでもなく、魚介系の味が口の中にすっと広がっていきます。その味と、甘辛く煮た牛肉と油揚げの味が絶妙に混じり合います。そして松山らしく、コシの強くないうどんの喉越を楽しみます。懐かしくて、やさしい味です。近所の人たちがふらりと立ち寄る、庶民に愛される横丁の味。それが半世紀以上も続いている秘密なのかもしれません。

路地裏にひっそりとたたずむ「ことり」 メニューは「鍋焼きうどん」と「いなりずし」のみ

こちらは「アサヒ」の鍋焼きうどん(玉子入り)。「ことりよりも甘め。」

 さて、松山には「ことり」と並ぶ鍋焼きうどん専門店が、もう1軒存在します。同じく路地裏に店を構える専門店「アサヒ」。「ことり」とは目と鼻の先で、20秒もあればついてしまう距離にあります。こちらにも暖簾はなく、「ことり」以上に、お店があいているのかどうかがわかりません(汗)。でも、看板の明かりと、営業中と書かれた小さな板を頼りに引き戸を開けました。簡素なテーブル席と、小さな座敷がある店内は、「ことり」と同じような雰囲気。。メニューは、鍋焼きうどん(450円)、鍋焼きうどん玉子入り(500円)、いなりずし(200円)、ジュース(120円)と、「ことり」と比べて若干豊富でした(笑)。

「アサヒ」の創業は昭和22年。現在の店主の曾祖父が始めたお店だそうです。店内はこちらも昭和の香りが十分。システムも、アルミの鍋も「ことり」と全く同じです。違うのは受け皿を使わずに、熱くなったアルミの鍋を直接テーブルの上に置くこと。4人掛のテーブルの上を見ると、等間隔に4か所、塗装がはがれている部分がありました。熱い鍋を長い年月にわたって直接置き続けたために鍋の熱で塗装が溶けた跡のようです。ここにも歴史を感じます。

 ちょっと贅沢して、こちらでは玉子入りをチョイス。具は牛肉、刻んだ油揚げ、練り物、竹輪、かまぼこ、そしてネギです。出汁を口に含むと全く「コトリ」とは味が違います。まだ甘いものが貴重品だったころに考案されたということもあって、こちらは甘みを感じる味。しかし、懐かしくて、やさしい味は同じでした。インターネットや、ガイド本で調べると、この2店が老舗、かつ有名店のようですが、この味の違いが、それぞれのお店に、それぞれのファンが存在する理由のようです。

 どちらの店も、抜群においしいということではありません、特別豪華なわけでもなく、むしろ平凡と呼べるものかもしれません。それでも半世紀に渡って続いているのは、この味が庶民の味として多くの人たちに親しまれ続けてきたことの証拠。近所のおばあちゃんが食事をしていたかと思えば、若い人たちもぶらりと入ってきます。そして、お持ち帰りをするお客さんもいました。広島のお好み焼き同様、松山の人たちにとってのソウルフードと呼べるものなのかもしれません。

創業は昭和22年。甘めの出汁の理由がわかりました。 暖簾もなく、一見休みのようですが、ちゃんと営業しています。

コメント

中倉さん、いつも楽しく、興味深く、勉強させてもらいながら、拝見させて頂いてます。

過去私も何度かコメントさせて頂きました。

私ごとですが、残念ながら8月で転勤となり、レベスタへいけなくなるなと思っているところ。

タイムリーに転勤先の松山の記事。

さすが、中倉さん分かってらっしゃる。赴任したらこのうどんやへ早速行ってみたいと思います。

これからもアビとB級グルメの記事を期待してます。

ところで、アビはどこへ向かっているのでしょうか、早くクラブとしての目標を明確に持って欲しいものです。*J1昇格は目標でなく当たり前と思ってますが。

暑いときには熱い食べ物で暑気払い。良いですねぇ(^^;)
暑くて夏バテしそうなときにはキムチ鍋や
焼肉屋のテールスープなんか食べたくなります。
汗をダラダラ流しながら食べる熱い料理は、夏バテ防止にもってこいです!

それにしても松山で鍋焼きうどんが名物だったとは知りませんでした。
数年前、松山で行われた天皇杯 サガンvs鹿島戦のとき、
スタジアム近くで食べたザルうどんが絶品でした。懐かしい思い出です。
次に松山へ行くときには、鍋焼きうどんにチャレンジです!!

それにしても、サポーターにとって一番の暑気払いは勝利以外にないですよね(笑)

中倉です。

よし坊さん、全開さん、コメントありがとうございました。
いつものことですが、またまた、レスがとても遅くなってしまいました。申し訳ありませんでした。この言い訳を続けないように、早くレスをするようにしなければいけませんね(汗)
--------------------------------------------------------------------------------
>よし坊 さんへ

いつもアクセスしていただいてありがとうございます。
松山へ転勤されるのですね。実にグッドタイミングの記事でした(笑)
サラリーマンとしては「ご栄転おめでとうございます」ということなのでしょうが、アビスパのことを考えると・・・。それに、サッカー仲間が福岡から離れなければいけないのは、私自身もさびしい思いです。でも、松山の空の下から、これからもアビスパに念を送ってください。よろしくお願いします。そして、これからもブログにコメントを寄せてください。私も頑張りたいと思います。

松山はいい町です。私は取材で7回ほど行っただけですが、とても優しい空気の町です。レトロな感じというよりも、昭和がそのまま継続しているような空気感があります。いまや見かけることがなくなってしまった「純喫茶」、「甘味処」、「町の洋食屋さん」も、よく見かけます。福岡のような都会とは違った良さがあります。また福岡へ戻ってこられることになるのでしょうが、ぜひ、松山の町も楽しんできてください。

取り越し苦労ならいいのですが、雁の巣で練習を見ていると、目の前の試合を勝つということに集中することで生まれたチーム内の意思統一が薄れてきているように感じます。現場を信頼しているという言葉で、チーム運営を丸投げしたために、チーム内での些細な行き違いが、どんどんと膨らんで第1クールの大失敗に発展したわけですから、同じ失敗をフロントにはしてほしくないと思っています。

第2クールに入ってから、危機感が漂うことで多少は改善しましたが、足踏み状態にあるいま、もう一度、チーム内の状況を再確認し、些細なズレを修正しなければいけない時期だと思っています。フロントがそのことに気が付いていてくれていることを願っています。--------------------------------------------------------------------------------
>全開! さんへ

実は私も全く知らなかったのです(汗)。
わかっていたのは、昔ながらのパン屋さんをよく見かけるということ、なぜなのか「唐揚げ屋」が目につくということ、純喫茶と呼べる喫茶店が多いこと、そして、食事ができるところのほとんどが、昼休みと夕方以降しかあいておらず、昼飯を食べ損ねて中途半端な時間になってしまうと、食事をするのに苦労するということくらいでした(汗)。

見つけたきっかけは、30年以上ぶりに高校の後輩からもらったメールでした。もらったメールを頼りに彼女のHPへ行ってみると、松山のローカル食として紹介されていたのが「鍋焼きうどん」。ネットサーフィンしてみると、結構有名なようです。それにしても、なぜ鍋焼きうどんなのか。そして、それ1本だけで商売するようになったのか。一度、調べてみたら面白いかもしれませんね。

でもおっしゃる通り、試合結果が・・・。
私の記憶の中では、そういう意味では松山にはあまりいい思い出はありません(汗)。福岡は水曜日は草津との対戦。前橋ではおいしいお酒が飲みたいものです。そして、鳥栖は仙台との大事な一戦ですね。私の中では鳥栖は仙台に強いというイメージがありますが、鳥栖サポーターの皆さんにとって、いい暑気払いになりますように。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。