「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失った勝点2

080630_試合を終えたホテルの一室で

 狙い通りのサッカーを展開した愛媛。最後まで何がしたいのかはっきりしなかった福岡。そんな印象が強く残ります。愛媛のミスに救われた感もありますが、試合をコントロールしていたのは間違いなく愛媛でした。それでも、十分に勝ちが拾えたゲームでもあったように思います。愛媛ペースになったのも、福岡がやるべきことをやっていなかったから。そして、試合の進め方によっては、いくらでも流れを変えることができた試合だったと思います。勝点2を失ってしまった試合でした。

 失点シーンは防ぎようがあったようにも思いますが、サッカーで1失点はやむを得ないとも言えます。それ以上に、試合の進め方に非常にストレスを感じました。簡単に蹴ってしまってマイボールを相手に渡してしまったばかりか、マンマークの強さも発揮できず。愛媛がミスを繰り返したことで大事には至りませんでしたが、1試合を通して、フワフワと試合をしてしまいました。締めるべきところを締めきれずに進めた試合は、押し気味に進めていた前半でさえ、いつかやられるという不安を消せませんでした。

 最大の原因はボールの収まりどころがなかったことだと思います。苦しい時も、これから攻めようという時も、ボールを預けるところがないため、ただ流れのままにズルズルと試合を進めることになっていました。特に愛媛のペースになった後半はこの傾向が顕著で、前線でキープできなかったことで、愛媛の前に出るパワーを抑えることができなかったように思います。結果論かも知れませんが、もう少し大久保哲哉の投入が早ければと思わずにはいられません。

 マイクが務めた左サイドも結果的に相手を勢いづかせることになったように思います。対面は横谷繁でしたが、最後まで気持ちよくプレーされてしまいました。そのため、久永辰徳が守備に追われて攻撃面での良さを発揮することが少なかったように思います。サイドは福岡にとっての生命線。攻めることで主導権を握って相手を下げさせたかったところでしたが、逆に、愛媛にボールを集められて突破を仕掛けられてしまいました。先制点を奪う活躍をしたマイクでしたが、慣れないポジションでは仕方なかったかもしれません。

 結局、久藤清一、田中佑昌の欠場がもろに試合に響いた格好になりましたが、後半戦に入るリーグでは、累積警告や疲労で主力メンバーが欠けることがあるのは当然のこと。その中で、どうやって勝点を取っていくかが求められるわけで、そういう点において課題を残したといえる試合でした。普段は控えに回ることが多い選手の戦術理解度を上げること、そして、主力を欠いた時の戦い方に工夫をすることの必要性が痛感された試合でした。

コメント

愛媛戦の結果を指揮官は妥当な結果と
コメントしました。
昇格を狙う指揮官のコメントとは思えませんね。
主力メンバーが欠場したからとはいえ言い訳としか思えません。
それに適材適所のチームを作れない。
何故、マイクは左サイド???
っまったく理解不能です。
この指揮官は即刻辞めるべきだと思います。
この指揮官は2年目です。
つまらない試合になりました。

中倉さん、観戦お疲れ様です。久しぶりにコメントさせていただきますね。
愛媛戦は本当に残念な結果となってしまいました(´・ω・`)マイクのゴールは泣きたくなるほど嬉しかったんですけど。(グリフィス選手がいなくなってしまったので尚更…)

例の監督のコメントについては、私の周囲でも話題になりました。某J1チームのサポには「会見ごときで監督が本気で思っていることなんか聴けるもんか」と笑われました。獨逸好きは「あの人が主観的かつ具体的な話をするときは辛辣過ぎて聞いていられないだろうからコレでいい。彼が奇抜な配置をするときは選手にステップアップしてもらいたいときだろう」と涼しい顔をしてました。私は「妥当」という言葉は「満足」という意味ではなく、客観的に見て…という意味だと思っていたので気にはしてないのですが、仮にマスメディアの目がないところで選手と監督の間で交わされる言葉の内容があのようであったならば寂しいなあ、と思う次第です。私は友人の「公開の会見で監督の考えがまともに聞けると思うな」という考え方にはナルホド!と思ったのですが、もしそうならば、監督の会見でのコメントとは関係なくチームの中で選手やスタッフが中身の濃い議論を展開していること、それが次の試合に生かされることを信じたいと思います。

アビスパ福岡の今に満足しているワケではないですが、チームが、クラブが、進歩し続ける限り私は変わらずに応援していきたいです!

私も監督の会見に(特にリトバルスキーの)本音はないと思います。
そして、そんな言葉じりを捉えて批判や中傷を繰り返す一部のサポーターの風潮に悲しくなります。
今や批判のためか応援のためか、
存在意義がわからなくなっている方々が多数見受けられるのが悲しいのです。

中倉です。

蜂さん、関東者☆さん、BRさん、コメントありがとうございました。また、すっかりレスが遅れてしまい、申し訳ありませんでした。
皆さんのコメントが監督記者会見のことに触れられていましたので、まとめてひとつでレスさせていただきたいと思います。あしからず、ご了承いただければ幸いです。

J's GOALでは、それぞれホームゲームを開催するチームの担当者が、記者会見を整理することになっていますが、いつも思うのが、話し言葉を文字にする難しさです。基本的には、コメントの内容を録音したものを忠実に起こして掲載しているわけですが、文字にしたものを読み直すと、微妙にニュアンスが異なっているように感じることが多々あります。話し言葉は、話し手の表情や抑揚も合わせて一つの意味を持ちますが、文章に起こすことで表情やイントネーションといった要素が欠け落ち、文字だけが1人歩きしてしまうからです。ノーカットで映像を流せれば一番いいのかも知れません。

当日の会見にいた人間としては、リトバルスキー監督は引き分けを肯定したのではなく、あの試合内容であれば勝点1を受け入れざるを得ないというニュアンスだったように感じました。また、久藤と田中の話が出てきたのは、勝点2を失った試合を出場していた選手のせいにしたくなかったからだと私は受け取りました。リトバルスキー監督は、帰りのバスに乗り込む前に、取材陣と一言、二言言葉を交わすのが常ですが、この日は厳しい表情のまま会釈をするだけで足早に帰っていきました。結果に満足しているどころか、そうとう悔しげで、いらだっているように見えました。

さて、記者会見で監督は本音を話すのか?という点についてですが、
コメントの中にあったように、「公開の会見で監督の考えがまともに聞けると思うな」というのは全く尤もな意見だと思います。よほど信頼を置いている人間に対してなら本音を漏らすこともあるでしょうが、試合後の記者会見は不特定多数が集まる場所ですから、試合についての一般論に終始するのも当然だと私は思います。本音は当事者間で話し合ってもらえれば十分です。

リトバルスキー監督の場合は、結果にかかわらず記者会見で感情を表すことはありませんし、威勢のいい言葉も使わなければ、ナーバスな話もほとんどしません。試合を黙々と、客観的に振り返るというスタイルです。それがときには「無責任」「選手のせいにした」という批判を浴びることになっているようですが、リトバルスキー監督にしてみれば、自分の感情や思惑を加えることなく、試合の流れや起こった事実を単純に振り返っているだけで、他意はないと感じています。

ただし、人と人とのコミュニケーションは互いの心の持ちようで全く違ってきます。肯定的な立場でいるのと、批判的な立場でいるのでは、同じ言葉も全く違った意味に聞こえてくるものです。思うような成績が挙げられていないという現状の中では、リトバルスキー監督に対して批判的な思いを抱く人がいるのも当然のことで、会見の内容について様々な意見が出るのは仕方のないことかもしれません。しかし、結果が出ないことで批判されるのはプロの宿命ではありますが、それとは別の理由で批判のための批判が行われるのだとしたら、それはとても残念なことだと私は思います。

また、是非は別にして、今シーズンはリトバルスキー監督体制で戦うことをクラブが最終決定し、目標をあくまでもJ1昇格に置いている以上、今考えなければいけないことは、現体制でどうやったら勝てるのかということだと思います。勝つために問題点を議論することと、思うようにならなかった試合を批判することは全く別物ですが、今やらなければならないことは前者であると私は思っています。

それはチームだけが考えればいいことではありません。福岡にかかわるすべての人たちが、それぞれの立場で考え、それぞれの方法で実行に移すこと。それが求められているのだと思います。チーム力とは、スタッフ、選手、サポーター、メディア、そして福岡にかかわるすべての人たちの力の総和。試されているのは、福岡にかかわるすべての人たちだと私は思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。