「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

求められるのは勝点3

求められるのは勝点3

 勝点3が取れるか。岐阜戦のポイントは、この1点に尽きます。現在の福岡のシステムは目の前の1戦に勝利するがためのもの。そして、今の福岡に求められていることは目の前の1戦で勝点を取り続けることですから、結果を手に入れなければ、たとえ内容のある戦いをしても意味がありません。特に3連勝のあとに1分2敗という状況を考えれば、岐阜戦は勝点3を取ることが絶対条件。アウェーでの戦いになりますが、福岡にとって必要なのは勝利だけです。

 さて、対戦相手の岐阜は、得点も取るけれども失点も多いというチームでしたが、第2クールの初戦となったC大阪戦で0-5で大敗してから守備組織の整備に着手。直近の5試合ではわずかに2失点と、守備重視のチームへと様変わりを果たしています。ハーフウェイラインを越えてくるまで相手にボールを持たせているのは以前と同じですが、入ってきた相手を高い位置で囲い込む守備から、リトリートした体制で待ち受ける守備へと変わっているようです。

 攻撃面では、片山真人のポストプレーと中盤の高い位置を自由に動く片桐淳至が起点。ここに一度ボールを収めてから展開するサイドアタックを武器にしています。特に片桐にボールが入ると躊躇なく攻め上がり、さらにSBも積極的にオーバーラップを仕掛けてくる傾向にあります。守備に重点を置いたことでボールを奪う位置が低くなり、得点力が低下しているという課題も持ち合わせていますが、はまったときの攻撃力は侮れず、油断は禁物と言えます。

 勝負を分けるのは、フィジカルコンディションと両サイドでの攻防だと見ています。オールコートでマンマークに付く福岡にとってフィジカルコンディションは生命線。そして、前節の草津戦では後半に運動量が落ちて1点のリードを守りきれなかった岐阜にとっても課題といえる部分です。そして、両チームにとって最大の強みであるのが両サイド。岐阜はSBを上げて福岡の最終ラインで数的優位を作ろうとしてくるでしょうが、福岡は、サイドでの主導権を奪うことで相手を上がらせない状況を作りたいところです。

 福岡にとっては、前回の対戦で屈辱的な敗戦を味わされた相手。「絶対にリベンジしなければいけない」とリトバルスキー監督も雪辱に燃えています。そして勝負のポイントを次の用に話しました。「我々がしてはいけないことは向きになって攻めに行くこと。まずは相手の2トップをしっかりと制限することが必要。その上で相手のスペースを付いていくこと。気持ちだけではなく、考えながら冷静に戦うことが必要だ」。

とにかく勝点3。それに向かって全精力をつぎ込んで戦って欲しいと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。